日本の四季折々の暮らしをテーブルコーディネートを通じて提案いたします。


by bleue-M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

日曜日

菜種梅雨も今日はお休み。
久しぶりの青空が気持ちの良い日曜でした。

友人のエッフェルが主宰するテーブルコーディネート教室の作品展を観るために
天神まで出たのですが、
まぁ 久しぶりのお天気だからか 車道も歩道もすごい混みよう。

田舎じゃ、休日は犬さえも歩いていないというのに・・




作品展は春らしい色に溢れた素敵なテーブルが並び、見ごたえ充分。
(カメラを忘れたので画像がありません・汗)


生徒さんの作品も、主宰する友人の作品も
どこか女性らしい可愛い感じのするものばかりで
類は友だけじゃなく生徒さんも呼ぶのね・・と納得。

とすると、私の生徒さん方は、
(・・・いえいえ、皆さん素敵な方ばかりです、もちろん!)



この後に、仕事の打ち合わせがあったので、早々会場を後にしたのですが
やっぱりコーディネートの作品展は
なんともいえない華やかな雰囲気がただよい良いものです。

エッフェル、お疲れ様。



画像は昨日打ち合わせで行ったギャラリーのお花。

f0161337_1738260.jpg


『桃や桜じゃつまらんやろ、だからチューリップたい』 とは
オーナーの言葉。

ダイナミックでありながら、もっともチューリップらしさを感じる センスの良いお花です。
[PR]
Commented by R.K at 2009-03-02 07:46 x
素敵!!  チューリップもこーんな生け方が出来るんですね!
淡いピンクと黄色のなんともいえない優しい雰囲気をかもしだして
ますね。また器が良いですね!花の邪魔をしないながら、しっかりと存在を感じさせる。周りの器も素敵ですね
Commented by bleue-M at 2009-03-02 20:02
R,Kさま
でしょう?素敵ですよね。
この花器にした大鉢も、勿論食器としても使えるし、きっと持っているといいんだろうな、と思うのですが高価そう・・
Commented by at 2009-03-03 09:17 x
義父、テーブルの傷が気になり補修しようとしたらしいの、ペンキで。テーブルと同じ色にしたつもりが、ひとはけ塗ったら「色が違う」と思ったらしく、上板全部を塗ったの、渋いオレンジ色で。疲れて仕事から戻った助手は、「(ボケてもいないのに)正気で、なんで・・」と落胆。義父、よかれと思ってのリフォーム。次の日義父、私を呼びテーブルを外に出すから手伝ってと言う。用事を済ませ家に戻ると、外には所々ダークブラウンにスプレーされたテーブル(スプレーって、悪い少年のイタズラ描きじゃないんだから・・・)、使い掛けのすプレーだったため、塗料がたりなかった様です。
Commented by at 2009-03-03 09:39 x
テーブルがあった部屋に行ってみると、ビールケースと酒ケース(義父の実家は酒屋)を脚にして、こたつの天板を乗せテーブルを再生させていました。今時、苦学生やラッパー(ラッパー、よく知らないけど)でも、このテーブルでお茶はしないぜye~i**。いろんな事のある毎日ですが、うちの犬のように嫌なこと・不安なことを数えないで、穏やか~に平常心を保ちたいものです。犬はいろんな事を教えてくれます。友人に「Yちゃん家はいいわね、楽しそうで。」って全然楽しくないけれど、人に話す時は、何故か笑いばなしに変わっているんだよね、いつも。
Commented by bleue-M at 2009-03-03 17:34
Yさま
ははは、そうだったんですね~
可愛いおじいちゃまです。
『ま、まずい・・』と思われてスプレーをされたものの中途半端、
変わりに・・と置かれた簡易テーブルがケースに天板。
それでも、気持ちはわかるので、怒るわけにもいかないよね。
どこか憎めないお年寄りは得だわ・笑
うちの義理父も それは我ままで自己中の困ったちゃんですが、憎めないのです。
このキャラは持って生まれたもの。又こういう家の嫁は、Yさんであり私なんです。よくできているのよね。
by bleue-M | 2009-03-01 17:45 | テーブルコーディネート | Comments(5)