日本の四季折々の暮らしをテーブルコーディネートを通じて提案いたします。


by bleue-M
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

音信

ここ数年の変化・・といえば
夫が温泉好きになった事

子供が小さかった頃は年に1~2回ほどの家族旅行だったのが
末の息子が高校生になった頃から
にわかに回数が増え
二人になった今は
贅沢にも年に4回は夫と温泉に行くようになりました。

単に疲れやすくなった歳のせい?ふふ

といっても ほとんど同じところを交互に行くという
きわめてウチらしい
生真面目というのか、ずぼらというのか・・

いえいえ、安心を求める世代なのです。


・・・というわけで、

今回は 山口県湯元温泉 『音信』

やっぱりここはNo1!



『お久しぶり、お世話になります』・・と
玄関に降り立った瞬間から 
ゆっくりおくつろぎ下さい・・というスタッフの
柔らかなおもてなしの心遣いに包まれる感じがするのです。

いやぁ~、まさに天国!

お風呂上りに、開け放したテラスのラタンの椅子に深く腰を掛け
新緑をぼんやり見ながら
冷たい飲み物をいただくと、
時間も忘れてしまう心地よさ。

ここ2ヶ月、目も回るほどの忙しさだっただけに
しみじみと身に染み入る幸せ感。

こういう時だけだけど・・・
夫に感謝。


f0161337_18121313.jpg

バンコクのスコタイホテルを思わせる、水をたたえた池を中心とした回廊


f0161337_1812283.jpg

今回のお部屋のベランダにはこんなソファが。


f0161337_181239100.jpg

皐月のお料理から前菜のお皿
季節感の取り入れ方は、参考になりました。
手の込んだ、華やかで味わい深いお料理でした。
[PR]
Commented by at 2009-05-11 18:50 x
あ~、こちらも温泉。いいなぁ~。リッチなお宿、さすがはbleue-Mさんざます。今まで泊まったお宿で、リピートしたいのは新潟の{ゆめや}です。何がいいって・・・いつか是非お泊まりになってみて。
Commented by bleue-M at 2009-05-12 08:24
Yさま
私ね、東北に行った事がないんです。
東北どころか、日本国中行ったところは数えるほど。
(だから地名や場所に弱いのか・・)
新潟って行ってみたいわ~。
雪深い景色を目の当たりにすると感動しそう・・。
『ゆめや』さんですね。まだ身体が動けるうちに行かねば!
Commented by at 2009-05-12 19:19 x
そうなのよね。「あれが片づいたら」とか「もしもの為に、このお金は使えないし・・」なんて思っていると、足腰が弱ってくるのでしょうね・・。人の一生は、あっという間だものね。身近な人を亡くすと、いつか自分も居なくなる・・という当たり前の事に、気づかされます。
Commented by cerise at 2009-05-12 19:21 x
こんばんは。
湯元温泉にこんな素敵なお宿があるのですね!
お料理とインテリアも素敵ですが、浴場はいかがな感じなのでしょう。。

先日の「ふかほり亭」も、私は存じ上げませんでしたので
画像を沢山拝見して感激しました。
まずお食事に伺いたいし、近未来行きたいお宿にどちらも加えたいと思いました♪
こちらのブログにお伺いして良かったです。

bleue-Mさまは お仕事で普段良く行かれるので、
有田の陶器市にはお出かけにならないのでしょうか?
(器関係のお話が出るかしら?と思ってひそかに期待しておりましたので。。笑)
Commented by bleue-M at 2009-05-12 22:11
Yさま
そうですよね。
身体が資本。健康だけには気をつけてばりばり動き回りましょう!
Commented by bleue-M at 2009-05-12 22:12
ceriseさま
ご訪問ありがとうございます。
この『音信』は湯元温泉の『大谷山荘』の別邸なのです。
夫はどちらかというと本館である大谷山荘のほうが好きらしいのですが、両方とも甲乙つけがたい魅力があります。
お風呂は、お部屋付きの露天のほか、大浴場には 岩盤浴や、寝そべるお風呂、ヒノキ風呂、露天と本館と全く同じ仕様で、なかなかの充実ぶりです。
機会があれば是非行ってみてください。ホント素敵ですよ。

さて、有田ですが・・
当然行きましたさ・笑
ただ、ゴールデンウィーク中ながら、陶器市ではなく、
岩永 浩さんの 有田初の個展に行ってきたのです。
さすが、人気作家!
時間になるとギャラリーの中は人で溢れ、、あっという間に目を付けていた作品は次から次へと売れていき、やむなく第3候補だった鉢を握り締めて(他の人に買われないように) どうにか手に入れることができました。
彼の特徴である、古典的で細かく美しい絵付けは、まるで骨董の器のようで、人気があるのもうなずけます。
買ったのはいいけれど、さて どこにしまいましょうか…
Commented by cerise at 2009-05-17 10:07 x
おはようございます。
音信さんのサイトでも雰囲気が素敵ですね。でもでも浴場にソファー?!と思ってしまいました(笑)

有田 陶器市はパスされておられたのですね。
ギャラリーではニアミスだったかもしれません?!
個展ならでは 花唐草をはじめ 素敵な鉢も沢山拝見できて
シアワセな気分に。
皆様真剣に拝見されてて選ばれていらっしゃいましたね。

目の前でお買い上げされるの 解ります!
私の場合 お気に入りの器 すぐ使いたいですし、
しばらく 机の上にだしていて眺めています♪(笑)

もうなおす所が無いから買わないと母も良く申しております。
でも有田に行かないと寂しいからついつい行ってしまう。を
繰り返しの毎年です。。
Commented by bleue-M at 2009-05-19 19:00
cerise さま
うわぁ~!!ニアミスですか?
・・もしかしたらお会いしていたかも(笑)
花唐草の鉢、良かったですよね~。
人手に渡ってしまい 返す返す残念です。良い物は躊躇しちゃいけませんね。
有田は器好きには聖地ですね。・・・というか鬼門かも・笑
cerise さんも御同胞のようで嬉しいかぎりです。
ギャラリーのお庭でいただいたお菓子とお茶 美味しかったですね。
Commented by cerise at 2009-05-23 17:42 x
こんにちは
そうです そうです お話の ギャラリーで頂いたナッツ 
スパイスというのでしょうか?美味しかったですね。
作り方のコツ ヒント? 伺ってくれば良かった(笑)

気温が上がってくるとなおさら、染付けの器の季節到来で
うれしい気持ちで器を眺めたり 自己満足と思いながら(涙)
又素敵な器使いを拝見させてくださいませ♪
by bleue-M | 2009-05-10 18:22 | 国内旅行 | Comments(9)