日本の四季折々の暮らしをテーブルコーディネートを通じて提案いたします。


by bleue-M
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

蓮葉の宴

私の師である、秋篠野先生の催された『蓮葉の宴』に行ってまいりました。


去年 先生をお訪ねした際に
『あなたは、ちっとも来ないけど前回の蓮葉の宴のDVDをあげるから じっくり見て、次は必ずいらっしゃい』と
やんわりと,しかしきっぱりと 熱心さが足りない私にダメだしをされたこともあり
今年はとにかく参加!

いやぁ~、行って良かった。
素晴らしい体験をさせていただきました。

ゲストとしてコラボレーションされたのは、あの東儀秀樹さま
厳かに笙を吹きながら会場に入ってこられました。

雅楽の音は、すんなりと耳に入ってくるのですが、
それだけではなく、緊張感のある透明な空気を作ってくれるのです。
東儀さんは、タキシードのジャケットだけを脱ぎました・・といったいでたちながら
彼の奏でるものは、明らかに洋風の音楽とは違う、独特の世界観で作られた幽玄な音の世界でした。
はじめて生で聞いたのですが、とてもメロディアスで聞き易く、思わず引き込まれてしまいました。

もちろん帰ってすぐにアマゾンで彼のアルバムを注文いたしました、当然ね!



会場となった『トゥールジャルダン』の あちこちに活けられた蓮の素晴らしかったことは言うに及びませんが、
テーブルについたゲストの皆さんも、それはそれは美しいマダムばかりで、そちらにも興味深々。

同じテーブルだった超級マダムに、色々とマダムの心得を教えてもらったのですが
さすが、マダムは一日にして成らず。
努力と愛は人をさらに美しくするものだとつくづく感心いたしました。



画像は会場入り口付近の蓮の活け込み。

f0161337_22222034.jpg


あまりに人が多く、この写真をとるのが精一杯。


もう一枚は、私達に用意されていた美しいテーブル。

f0161337_2224398.jpg

[PR]
Commented by keiko姉さん at 2010-07-27 23:19 x
おかえりなさい。よかったね~、さすがは秋篠野先生。私も行きたかったわ・・・ その空気に雰囲気に触れたかった。  次回は是非!
Commented by bleue-M at 2010-07-28 08:15
keiko姉さん
でしょう?
リッツカールトン以来でしたよん。
さすが先生!何から何まで素敵でしたよ・・・残念!
Commented by at 2010-07-28 12:58 x
「蓮葉の宴」素敵ですね。画像から、気品ある空気感が漂っていますね。東儀秀樹、笙演奏は聞いた事ないけれど、去年だったかクラッシックカーレースに出ている姿を間近で見ました。同年代で綺麗な人を見つけると、振り向いて見てしまいます(興味津々)。マダムの心得、私にも教えて~。
Commented by まるぼーろ at 2010-08-02 14:59 x
倉敷はすぐそばまで行っていたのにお会いできなくて残念でした。
今度是非ゆっくり遊びにいらしてくださいね~。

秋篠野先生の蓮葉の宴に行かれたのですね。
私も行きたかったです!
お写真だけでも雰囲気を味合わせていただきました♪
Commented by bleue-M at 2010-08-03 19:19
Yさま
最初、読み方が分からず『ハスの会』と勝手に名付けていました・笑
しっとりとして本当に美しい会でした。
あるマダムが、『3回の食事を我慢してでも、こういうところに来なきゃいけないわ。』と言われたのですが、確かにそうかも。
何を着ていこう・・とか、ひとりだし・・などと躊躇していたら、この素晴らしい空間を味わえなかったんですもんね。
マダムの教えはね、『させていただく・・』ということが大切とのこと。
他者に向けて、どんなことであろうと感謝の気持ちを持つ事につながるといわれました。
感謝することで、幸せをも感じることができるそうです。
あ~、もっと素敵な言葉で話してくれたのに、うまく伝えることができない!ごめんね。
Commented by bleue-M at 2010-08-03 19:22
まるちゃん
ふふふ、びっくりしたでしょ。
いきなりホームから電話したんだもんね。
新幹線にさえ乗ってしまえば、岡山~福岡なんてちょっとじゃん。
日帰りも全然OKだし、行きますよ~!
蓮の会にも行ってきました。
画像があまり撮れていなくて、こんなのしかないの。
やっぱ、コンデジじゃだめねぇ。
by bleue-M | 2010-07-27 22:27 | テーブルコーディネート | Comments(6)