日本の四季折々の暮らしをテーブルコーディネートを通じて提案いたします。


by bleue-M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

久しぶりに有田へ

久しぶりに有田へ行ってきました。

器が欲しいという友人をアテンドするつもりが
砂糖壺に落ちたアリのごとく
不覚にも目の色を変えて盛り上がったのは私

やっぱり有田は器好きの聖地
殉教者として、立派に洗礼を受けてまいりました。


ご挨拶をかね、最初に訪れたのは福珠窯
こちらの奥様は、有名なテーブルコーディネートの先生です。

素敵にディスプレイされたショールームがあるにもかかわらず
真っ先に足が向いてしまうアウトレットコーナー
40%割引(!)の商品が山積み
f0161337_618912.jpg


ここは、有田の中心からちょっと外れた山手にあるので
しばしばイノシシやらの野生動物が出現するらしいのですが
この日も、すぐ向かいの斜面の木には、降りれずに木にしがみつくタヌキが…
f0161337_622050.jpg

この後、無事に山奥へ帰っていたようです、良かった。


次に向かった卸団地では、賞美堂で割れて数が揃わなくなった器を補充。
ここも、沢山の種類の器を見ることができるお勧めの場所です。



最後に訪れた《G工房》

センスの良いシンプルでモダンな白磁の器を見ることができますが、
そのなかでも目を引く壺のようなもの…
f0161337_6282216.jpg


金工作家の奥様が作られた素敵な銀のつまみのついたこれらの器は
なんと骨壺!

高さが17,8㎝ほどの小さなものですが
実に洗練されたフォルムで
ペット用にと買われる方もいらっしゃるとか。
f0161337_6361666.jpg


道路に面したウィンドウには
節分のディスプレイが。
f0161337_6381173.jpg

中央の福豆の両脇のマスに入っているのはシックな色味の豆の箸置き
使い勝手のよい大きさは実用的でもありました。


3か所めぐって、車の後部座席には
友人と私の戦利品が、ちょっとした小山のようになってしまい
いったい何処に収納するの?と自問自答しても…

やめられません器買い!
[PR]
by bleue-M | 2015-01-28 06:55 | | Comments(0)