日本の四季折々の暮らしをテーブルコーディネートを通じて提案いたします。


by bleue-M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2009年 04月 29日 ( 1 )

レッスン

先日のイベントの撤収の翌日から
4月最後のレッスンと体験レッスンをいたしました。

翌日にレッスンの予定を入れたのは大正解。

元来 なまけものの私は
自分を追い詰めた状況に置かないと
いつまでも 荷物の片付けもせず
部屋も 食器で散らかし放題になったままになっていたのは明らか。

おかげで、準備から撤収に並行して掃除をするという行為を、
この歳にして学びました(遅っ!!!)



さて、テーブルですが
使いまわしの感があるセッティングながら
一応 『初夏のテーブル』 の要素を組み込んではいるのです。


f0161337_813772.jpg



まずは中心に透け感のある素材(竹)を使い
光沢のある折敷。 軽やかな透明のお箸。 磁器。
そしてなんといっても注目すべきは、箸置き。
そう タケノコなのです。
季節感は色と素材と小さな小物で取り入れるのがbleue流。

アレンジも 爽やかなグリーンを主体にして。(これこそ 思いっきりイベントの時の使いまわしですが・・)


基礎科なので 本来はディナーやランチといったシーン別のセッティングの方法を
学ぶのですが、
5月からは『夏』ということで、
初夏の暮らしをテーマに、色や素材、インテリアの演出についてお話しました。


季節や、行事を暮らしに取り込む工夫は
秋篠野先生から教わった、もっとも大切な部分でもあり
今の時代にこそ必要なものだと思われます。
そしてこれこそが、私がテーブルをやる意味なのかもしれません。
[PR]
by bleue-M | 2009-04-29 08:16 | テーブルコーディネート | Comments(2)