日本の四季折々の暮らしをテーブルコーディネートを通じて提案いたします。


by bleue-M
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:器( 6 )

久しぶりに有田へ

久しぶりに有田へ行ってきました。

器が欲しいという友人をアテンドするつもりが
砂糖壺に落ちたアリのごとく
不覚にも目の色を変えて盛り上がったのは私

やっぱり有田は器好きの聖地
殉教者として、立派に洗礼を受けてまいりました。


ご挨拶をかね、最初に訪れたのは福珠窯
こちらの奥様は、有名なテーブルコーディネートの先生です。

素敵にディスプレイされたショールームがあるにもかかわらず
真っ先に足が向いてしまうアウトレットコーナー
40%割引(!)の商品が山積み
f0161337_618912.jpg


ここは、有田の中心からちょっと外れた山手にあるので
しばしばイノシシやらの野生動物が出現するらしいのですが
この日も、すぐ向かいの斜面の木には、降りれずに木にしがみつくタヌキが…
f0161337_622050.jpg

この後、無事に山奥へ帰っていたようです、良かった。


次に向かった卸団地では、賞美堂で割れて数が揃わなくなった器を補充。
ここも、沢山の種類の器を見ることができるお勧めの場所です。



最後に訪れた《G工房》

センスの良いシンプルでモダンな白磁の器を見ることができますが、
そのなかでも目を引く壺のようなもの…
f0161337_6282216.jpg


金工作家の奥様が作られた素敵な銀のつまみのついたこれらの器は
なんと骨壺!

高さが17,8㎝ほどの小さなものですが
実に洗練されたフォルムで
ペット用にと買われる方もいらっしゃるとか。
f0161337_6361666.jpg


道路に面したウィンドウには
節分のディスプレイが。
f0161337_6381173.jpg

中央の福豆の両脇のマスに入っているのはシックな色味の豆の箸置き
使い勝手のよい大きさは実用的でもありました。


3か所めぐって、車の後部座席には
友人と私の戦利品が、ちょっとした小山のようになってしまい
いったい何処に収納するの?と自問自答しても…

やめられません器買い!
[PR]
by bleue-M | 2015-01-28 06:55 | | Comments(0)

岩永さんの器

岩永浩さんのこの深鉢
それはそれは重宝しています。

f0161337_757534.jpg


年を重ねると
器の重さが気になってきますが
この鉢、充分な重さがあります。
それでも
この重さまでが魅力

食器としてだけでなく
お玄関を彩るしつらえの道具としても
充分な存在感

まだまだ用途が広がりそうなありがたい器です。



[PR]
by bleue-M | 2013-08-31 08:16 | | Comments(0)
新しい器です。
スープや煮込み料理に使おうと買いました。

f0161337_5531283.jpg


藤塚光男さんという作家さんの物なのですが
彼の作品はほかにも楕円皿などを使っています。

程よい厚みと、和洋どちらにも使える勝手の良さで
普通はシリーズでは買わないのですが
これだけは別

家族の日常使いにはぴったりです。

下に敷く六角形の木の皿も最近買ったもの。

どうしたものか時間ができると
買い物ばかりしてしまう悪い癖が…
でも、
日本経済復活に微力ながら一役買っていると思って
後ろは振り返りません、はい。
[PR]
by bleue-m | 2013-07-28 05:58 | | Comments(0)

籠とざる

籠やザルの類は
いつも探しているものの、なかなか好きなものに出会えません。

先日買い求めた籠は
45cmほどの直径の大きめの物です。
こりゃいいわ~と、とりあえず買い!
f0161337_7182273.jpg

何に使うんですか?と聞かれ
思わず『え~と、おミカンを入れる』と答えたものの
『こんなに沢山ですか?』とまた聞かれ
『それじゃ夏ミカンを入れる』

…行き当たりばったりでスミマセン
[PR]
by bleue-M | 2012-10-19 07:18 | | Comments(2)

岩永浩さん個展

岩永浩さんの個展へ行って参りました。

岩永さんの器の素晴らしさは、その人気の高さから立証済みですが
今回秋の開催ということもあってか
深みのある味わい深い絵付けのものが多数ありました。

f0161337_6474870.jpg

f0161337_6482290.jpg


私は岩永さんの器の手に持った重さや厚みが好きです。
それが絵付けの巧妙さと相まって、
テーブルに何か『格』のようなものを作ってくれる気がするのです。

特に私が買うのは日常で使うものなので
毎日の食卓を格上げしてくれる力強さはなんともありがたく
本当に重宝します。

今回私が購入した器は2点
これはいずれまた。
[PR]
by bleue-M | 2012-10-08 06:58 | | Comments(0)

小石原焼

以前偶然に立ち寄って
いくつか器を購入した窯元から案内状が届きました。

f0161337_725286.jpg


『小石原焼 秋の民陶むら祭り』
10月5日(金)~10月8日(祝)

私の買った器はどれもモダンで使い勝手がよく
毎日どれかを手にしています。
f0161337_7213531.jpg

伝統の意匠を残しつつ
新しい世代による味付けをした器は
今の私たちの生活にぴったりくるものです。

お時間のある方はぜひ。
[PR]
by bleue-M | 2012-09-30 07:21 | | Comments(0)