日本の四季折々の暮らしをテーブルコーディネートを通じて提案いたします。


by bleue-M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:ニューヨーク( 3 )

NYは眼がはずせない

クリスマスシーズンど真ん中に訪れたNY

眼を奪われたのはウィンドウディスプレイ

まぁ素敵!

人気のあるウィンドウの前には人垣が何重もできるほどで
クリスマスの目玉となっているようでした。

f0161337_6385761.jpg

f0161337_6391318.jpg
f0161337_6392593.jpg

f0161337_7113752.jpg

[PR]
by bleue-M | 2015-01-23 07:06 | ニューヨーク | Comments(0)

NYは美味しかった

前回に引き続きNY旅行記

今回1週間で食べたもの…
そのどれもが美味しく思い出に残りますが
どうだった?何が美味しかった?と聞かれると・・


メトロポリタン劇場のレストランで
オペラの前、着飾った人たちを眺めながら食べたディナーも
映画のワンシーンのようで素敵だったし、

NYイチと言われ、
予約の取れないステーキハウスとして有名な
《ピーター・ルーガー》のジューシーな熟成肉も忘れ難い

はたまたふらりと立ち寄ったイタリアンレストランで、
遅い時間と言うのに満席のお客さんの喧騒のなかで食べたラザニアもなかなか。

さらには上品な客層の星付きのフレンチレストランのランチで食べた
お勧めのお魚料理にかかっていたソースも素晴らしく美味しかった

ちゃんとお肉が主張していた1000円近くするハンバーガーも
意外に忘れ難い。(円安がひびくね・涙)

インパクトが強かったのは
チェルシーマーケットの中で立ったまま食べた茹でただけのオマール!
出来立ての熱々を、添えられたバターソースに付けて食べるだけという
いたってシンプルなものながら、臭みもなく充分にイケました。
f0161337_9161649.jpg


忘れるわけにはいかないのが、世界一美味しいと評される
《サラ・ベス》の朝食
開店して間もない時間と言うのに満席。
さらに席を求める人達が外にまで列をなしています…
予約していった私達でさえ15分くらい待たされました。
セントラルパークを目の前にした高級な立地ゆえか
お客様も一様に上品でお金持ちそうな雰囲気の人達が多く
さざめくようにおしゃべりしながら、優雅にパンケーキを頬張っていました。
f0161337_9274490.jpg



悲しいかな、食い意地が張りすぎて
食べ物を前にして、理性が追い付かず
写真が2枚しかありません。

アメリカ人は、そこまで撮るのか?と思うほど
スマホで何でも撮りまくりだったので
レストランでも遠慮なく撮れたはずなのに、本当に残念です。
[PR]
by bleue-M | 2015-01-22 09:41 | ニューヨーク | Comments(0)

忙しくてもNY

時間貧乏でいつもバタバタしているせいか
《いつも忙しそうね》《毎日忙しいんでしょ》とか言われるのですが
要は、私の時間の使い方が下手なだけ。

時間に追い立てられるような日々の生活ではありますが
ちゃんと旅行にだって行っております。

高校生のころからの憧れの地、NY!
やっと念願叶い訪れることが出来ました。
昨年のクリスマス前、
主婦がよくそんな慌ただしい時期に行けたもんだと思いますが
え~い、行っちまえ!

f0161337_13302814.jpg

f0161337_13304588.jpg

f0161337_13334639.jpg
f0161337_13333245.jpg


夢に描いていた通りのマンハッタン
行き交う人も幸せそうで
クリスマスの飾りに彩られた街は
昼も夜も輝いていました。


いきなり住みたくなったものの、
マンハッタンのお家賃は
たとえ1Kの古いアパートでも
家賃の高騰で30万円は軽くいってしまうらしい…

これがかつてあのジャイアンツ松井や
現在、マー君&里田まいも住んでいると思われるトランプタワーになると
てっぺんのお部屋が月々600万とか…(月々ですよ!)

いったいアメリカの経済どうなっているんでしょう?

道端に転んでいる老人を助けおこしたら
これが、かの有名なロックフェラーの一族で
お礼にとマンハッタンの高級アパートをポンとくれる…
なんて夢みたいなこと…あるわけないか(笑)
[PR]
by bleue-M | 2015-01-21 13:43 | ニューヨーク | Comments(0)