日本の四季折々の暮らしをテーブルコーディネートを通じて提案いたします。


by bleue-M
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:しつらえ( 53 )

お正月のしつらえ

昨日5日は寒の入り
これからしばらくは一年中で最も寒い日が続きます。

暦通りというのか、
今日は日差しはあるのですが、吹きすさぶ風の冷たいこと。

さて忘れないうちに
お正月のしつらえを少しだけ

お玄関に置いた酉は
雄々しく俵に乗った感じが何気に男前
f0161337_14473225.jpg

屏風との間に活けたロウバイがとても良い香りでした。

居間のコンソールには
半分開いた扇と小さな羽根つきの羽を散らしました。
f0161337_14535082.jpg

羽根つきなんて全くやらなくなりましたが
羽はお正月を連想するもののひとつです。

ダイニングのコンソールには
たわわに実をつけた南天の一枝と
博多人形の酉を飾りました。
f0161337_14575845.jpg


毎月のレッスンにあわせて部屋のしつらえも変えるのですが
お正月となるとやはり気を使います。
お正月は、歳神様をお迎えする大切な行事
その年の干支や縁起物を、
今の私たちの生活に合うようにシンプルに飾る・・・
そう心がけています。


レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら
[PR]
by bleue-M | 2017-01-06 15:08 | しつらえ | Comments(0)

9月のコンソール

昨日ご紹介したのは
まさかの韓国料理のテーブルでしたが
コンソールは
順当にお月見をテーマにいたしました。

f0161337_7175627.jpg


9月といえば《菊》《兎》《月》《すすき》ははずせません。

このコンソール、
切なげに月を見上げる兎ではありますが
傍らにはてんこ盛りのイガグリがあるという
気持ちとお腹は別物という私自身の謎がテーマです。(うそ・笑)
[PR]
by bleue-M | 2015-09-11 07:26 | しつらえ | Comments(0)

お雛様の顔

        2月のレッスンのテーマは《雛の節供》
        それに合わせた部屋のしつらえに
        雛人形は欠かせません。

        雛人形といえば・・・

        そのお顔が命と聞いたことがありますが
        よそのお宅の雛人形を見ても
        優しい微笑をたたえたものや
        気高く凛とした表情のもの
        はたまたあどけない子供のようなものなど
        その表情は様々。

        今、家に飾っているのは
        2種の立雛。

        以前、このブログで紹介した博多人形のものは
        あらためて見てみると、ドキッとするほどの色っぽさ
        アップにした画像に、女性の私もドキドキ

f0161337_711672.jpg

f0161337_713340.jpg



        かたやもう一方の陶器のものは
        素朴で親しみやすい笑顔

f0161337_733955.jpg

f0161337_735432.jpg


        こちらのお雛様は
        生徒さん達にも人気があり、
        どこで買ったのですか?とよく聞かれます。

        確かに、お顔は様々ありますが
        顔立ちというより、大切なのは表情かもしれません。
        それは人間と一緒。
        死ぬまでチャーミングな笑顔の女性でいたいものだと
        お雛様を見ながら想いました。
[PR]
by bleue-M | 2015-02-16 07:26 | しつらえ | Comments(0)
レッスンに関係のないお客様(変な言い方ですね)が
みえると、《いつも素敵に飾ってますよね》などど
褒めていただくことがあります。

いえいえ違うのです
ある意味必死(笑)

今月のレッスンが終わっても
すぐに次の月のレッスンはやってきます。

自宅でレッスンをするのは
家ごと季節のしつらえを見ていただきたいから。

テーブルコーディネートは
テーブルの上だけではなく、空間をふくめて成り立つものだと
日頃口にしている身としては
使命なのです。

といっても、根がずぼらな私
追い立てられるように、レッスンに合わせて
家中を駆けずり回ります。

季節感のある家をどうにか維持できるのはレッスンのおかげ。

でも、家族も口をそろえて同じことを言うとは、どういうこと?

私の何倍も生徒さんを持つ超多忙なお料理の先生に
《追い立てられるような気になりませんか?》と尋ねたら
《そうよ~、いつもそう》という答え
やっぱりそうですよね。

でも歳時記を学び、季節を感じる幸せを体感する
コーディネートヲタクの私
これも幸せのひとコマなのかもしれません。

今、お玄関には
立派な枝ぶりの木蓮
ちょっと足元が不安定(笑)

f0161337_7435640.jpg

[PR]
by bleue-M | 2015-02-15 07:47 | しつらえ | Comments(0)

節分、鬼の面

早いもので
今日で1月も終わり

明日からは2月。
1月往ぬ(いぬ)、2月逃げる、3月去る、とはよく言ったものです。

《このひと月で、いったい私は何を成し遂げたのだろう》
・・・そんなことは一切思わず
来るべき立春こそが一年の始まり
昨年一年の穢れや厄災を鬼に見立てて
思いっきり豆で退治いたしましょう!

ということで
うちの玄関には毎年恒例の赤鬼の面
金色の角が突き出た恐ろしいお顔ながら、
そこはかとない気品が漂うのは
京都で作られているものだからでしょうか。
f0161337_7252674.jpg

[PR]
by bleue-M | 2015-01-31 07:25 | しつらえ | Comments(0)

コンソールの上は…

巨大なモンステラ

f0161337_8181733.jpg


普通のモンステラは人の顔ほどの大きさだけど
これはその4倍はゆうにありそう

これを買ったのは随分前
モンステラはもちがいいのです。

買ったのは、いつも行くなじみの花屋さん
でも私が買った後は
とんと見かけないので

《もう入らないの?》と聞くと
《買うのはMさん(私ね)ぐらいですから》と笑われました。

確かに。
[PR]
by bleue-M | 2014-08-20 08:20 | しつらえ | Comments(0)

10月のコンソールは…

季節ごとに家の中をしつらえるのは
空間コーディネーターを自負する者としては当然

んがっ、気が付けば
毎年同じような飾りが登場しているのも事実

だって好きなんだからしょうがない…と開き直るも、しばし反省

来年こそは
ちょっと変化を期待していただくとして(持越しか?)

今月はこんなふう

f0161337_8102399.jpg


キノコは秋の王様です。
[PR]
by bleue-M | 2013-10-08 08:11 | しつらえ | Comments(3)

ねずみもち

訪ねた友人の家では、
ちょうど庭の雑木の剪定(せんてい)が行われていました。

≪暑いのに大変ですね≫などと声をかけつつ
ふと目に付いた切り落とされた枝…

≪これ、貰って帰ってもいいですか?≫

…という訳で
うちのコンソールの上の花器に収まりました。

f0161337_8164238.jpg


ねずみもちという名前のこの枝は
絶妙な曲がり具合で、なかなかいい感じです。




[PR]
by bleue-M | 2013-08-22 08:19 | しつらえ | Comments(2)

クッション

最近、インテリア雑誌で目に付くカラフルなコーディネート

単色でシックにまとめるのも素敵だけど
洋書に見る、一見様々で奔放な色を
しっくりまとめる上級なテクニックに憧れます。

テーブルを作るときも
一番気になるのは、食器でも小物でもなく
ただただ色!

そのぐらい色が気になるのに
最近替えたクッションは
あきらかに失敗だと息子に言われてしまいました。
(生意気…)

f0161337_611254.jpg


これは色というより、壁の額装と雰囲気が合わないのが大きな要因じゃないか…
クッションも、もっと使い込んで少しへたればいい感じになりそう…

ソファーが視線に入るたびに、気になってしまう存在です。
[PR]
by bleue-M | 2013-08-01 06:20 | しつらえ | Comments(0)

お盆前までに

朝からワシワシと蝉の大合唱
東北は大雨というのに
私の住む地域は夕立すらなく乾ききっています。

東北の様子をTVを見ながら
これ以上被害が出ないように祈りつつ
その雨を少しでも分けられたらいいのにと思います

さて、今月の教室も終わり
8月は私も夏休み
もう一度セッティングの基本をノートにまとめなおそうと思い立つも
遅々として進まず…

それなら身体を動かそう、と
コンソールのしつらえを替えることに。

f0161337_8484384.jpg


海と日射しを感じる貝をガラスの大鉢に入れ
モンステラをいけると
夏!

でもこれもお盆前までの限定
過ぎる風に秋を感じるようになるお盆後には
ちょっと違和感も…

精一杯鳴く蝉たちと共に
期間限定の夏を思い切り感じたいものです。
[PR]
by bleue-M | 2013-07-23 08:51 | しつらえ | Comments(0)