日本の四季折々の暮らしをテーブルコーディネートを通じて提案いたします。


by bleue-M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

春が来た!

『まだまだ寒いですねぇ』…なんて挨拶していても
ちゃ~んと春はやってくるもので、
庭の桜の蕾もふくらんできたし
来週にも,我が家の開花宣言ができそうです。

そうなると、家の中も負けてはいられない!

テーブルの真ん中に
百花繚乱のお花を飾りました。
…といってもフェイク


f0161337_17424247.jpg



この角度は 比較的地味な見え方ですが
ありったけの春の花を盛り込みました。

今の季節を楽しまなきゃね。

少しだけ元気になりませんか?

そうそう、テーブルは180×90cmのものを合わせて
180×180cmの大テーブルにして使っているのですが、
『集う』感じがして、ちょっと気に入っています。
[PR]
by bleue-m | 2011-03-23 17:50 | | Comments(2)

恐れ入りました。

春休みで息子が帰省してきました。

就職活動があるから帰ってこないと言っていたのですが
先の地震で説明会が無期限に先延ばしになり
おまけに計画停電。

たとえ一人分でも、節電になればと
帰ってくるように勧めました。

まぁ、この息子が帰ってくると
家中がすさまじいほど散らかりまくるのです。
片付けの基本は、『出したら仕舞う』
今こそ 声を大にして言いたい!
(言ってるけど…)

そんな息子ですが
背中かがめ、無心に取り組んでいるのが
…靴磨き。

愛用のリーガルのシューズを
毎夜毎夜 飽きずに磨くのです。
本人いわく『一足しかない靴だから、当然』

玄関に鎮座する靴は
神々しいほどの輝き。

恐れ入りました。

f0161337_21243031.jpg

[PR]
by bleue-m | 2011-03-22 21:29 | その他の愉しみ | Comments(0)

涙する

休日の午後、
なにもやる気が起こらず、ネットを彷徨っていたら見つけた
村上龍のニューヨークタイムズへの寄稿
不覚にも涙しました。
[PR]
by bleue-m | 2011-03-21 13:53 | その他の愉しみ | Comments(2)

私にできること

先日からレッスンを再開しました。

とてもそんな気にはなれないと、
今月はお休みにしようかとも思ったのですが
こんな時だからこそ 
被災しなかった地域に住む私達は、普段通りに生活をして
冷静に、今出来ることを考えていかなければいけないのではないのかと
決心しました。

そこで
レッスンを行うにあたり
チャリティーとしてレッスン代を募金することにしました。

こういうことは、別に密やかにやればいいことで
公言することではないのかもしれませんが、
私のブログを読んでくださっている方が
何をしたらいいのか…と思っていらっしゃるのなら
ひとつの事例として
参考になれば…と、書かせていただきました。

私のレッスンを受けてくださっている生徒の皆さんには
あらためてお知らせを送りたいと思っております。

f0161337_11415816.jpg

[PR]
by bleue-m | 2011-03-20 11:44 | テーブルコーディネート | Comments(0)

3月レッスン

先月に続き、お雛様がらみで作ったテーブルです。
PCと共に、デジカメも替えたので操作がイマイチわからず
思ったような画像ではありませんが
ま、こんな感じ・笑
f0161337_1001235.jpg

[PR]
by bleue-m | 2011-03-17 07:47 | テーブルコーディネート | Comments(4)

心を信じる

TVでは、連日 見ているものの目を疑うような光景が流れています。
今回ほど 私に何ができるのか…と考えたことはありませんでした。

地震の時、ちょうど東京にいたのですが
最初の小さな揺れが、どんどん振り幅が大きくなり 立っていられなくなりました。
ものの壊れる音とともに、キャーという声。
外に出ると、携帯電話を手にした不安そうな表情の人で騒然としていました。

『(電話を)切らないで!切ったらもう繋がらないから!』
携帯を手に、母親らしき人が緊迫した声で話すのを聞いて
状況の厳しさを感じました。

電話ボックスもタクシー乗り場も長蛇の列でしたが
みなさん静かに割り込むこともなくじっと並んでおり
〈日本人って素晴らしいわ…〉と思わずにいられませんでした。

不思議なほどに静かで穏やかな街の様子に
まるで映画のシーンのようで、私には現実の出来事と思えないほど。


交通機関が止まり、何時間もかけて帰った人たちが大勢いらしたとのことですが、
実は、国分寺に住む息子が
私を心配して、人の流れと反対に歩いて 
10時間後、足をマメだらけにしてホテルまで来てくれました。
すでにホテルのロビーや階段は
帰れなくなって避難してきたと思われる人たちが大勢いらしたそうです。


旅行者の私は、翌々日に何事もなかったように家路に着くことができましたが
被災された東北の方々は
寒く冷たい避難所で不便な日々がいつまで続くのか見通しさえ立っていません。
関東の方々も、停電や物不足で不安な毎日でしょう。

日本人として、辛くやりきれない気持ちですが
『何をするのか、できるのか』と…考えるばかりではなく
さっそく取り組めることから始めようと思います。
[PR]
by bleue-M | 2011-03-16 15:42 | その他の愉しみ | Comments(2)