日本の四季折々の暮らしをテーブルコーディネートを通じて提案いたします。


by bleue-M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大谷山荘

ここ数年は『別邸 音信』の利用が多かったのですが
このたび本館である大谷山荘
新しい客室をオープンしたとのお知らせをいただき
早速 夫と訪れました。

もともと音信に泊まっても
わざわざ本館のお風呂まで足をのばすのが常だった夫は
お風呂近くまで直で行けるエレベーターが近いだけでご満悦

広々とした華やかなロビーは
これからの充実した時間を予感させわくわくします。

さて通されたお部屋は
落ち着いた色味で程よい大きさ

f0161337_848396.jpg

f0161337_8484168.jpg


テラスがややこじんまりとはしていますが
露天風呂から扉ひとつでつながっており
お風呂からあがり、椅子に座ると
目の前に広がる山の緑に本当に癒されます。

f0161337_8473433.jpg


デイベッドやダイニングセットまであり
さまざまな使い方もできそう。

(ちなみに私は、持ち込んだレッスンの資料を
ダイニングのテーブルでまとめました。)

ゆっくりと部屋で寛いだあとは
料亭街と呼ばれる個室で
料理長の絶品懐石料理

f0161337_8521930.jpg

美しい盛り付けの八寸

いつもは、あっという間に食べてしまう夫も
ゆっくりと味わいながら
『美味しいね~』と連発

本当にここのお料理は美味しいのです。

翌日10時30分のチェックアウトぎりぎりまで
お風呂に入ったり
お部屋でゴロゴロしたり

最高の夏休みの一日になりました。
[PR]
by bleue-M | 2014-08-25 08:58 | 国内旅行 | Comments(0)

晩夏のコーディネート

今年の夏は
らしくない夏でしたが
それでも秋の気配は確実に訪れています

シックな色味で作った
晩夏のテーブル

f0161337_7514174.jpg


夏休みが終わると
また慌ただしい日常がもどってくると思うと
いささかうんざりもしますが
それでも秋が待ち遠しいこの頃です。
[PR]
by bleue-M | 2014-08-21 07:56 | テーブルコーディネート | Comments(0)

コンソールの上は…

巨大なモンステラ

f0161337_8181733.jpg


普通のモンステラは人の顔ほどの大きさだけど
これはその4倍はゆうにありそう

これを買ったのは随分前
モンステラはもちがいいのです。

買ったのは、いつも行くなじみの花屋さん
でも私が買った後は
とんと見かけないので

《もう入らないの?》と聞くと
《買うのはMさん(私ね)ぐらいですから》と笑われました。

確かに。
[PR]
by bleue-M | 2014-08-20 08:20 | しつらえ | Comments(0)

今年の夏

今年の夏は何か変
私の住む福岡南部の地域では

 抜けるような青空
 むくむくと盛り上がる雲
 肌を刺す強い日差し…
 うるさいほどの蝉の声

夏のイメージを彩るこんな言葉は
今年に限っては使われることはなく、
すでに夏の終わりを迎えつつあります。

初夏に訪れた沖縄で買い求めた箸置き

本物そっくりの意匠で
今年は活躍するはずだったんですが…

f0161337_915265.jpg




同じ店で買ったプレートと共にセッティングするとこんな感じ

f0161337_93449.jpg


6月のレッスンで作ったテーブルでしたが
その頃は まさかこんな夏になろうとは思いませんでした。

8月も終盤。

暑いのは苦手な私ですが
それでも夏休みのうちには
少しでも、じりじりとした感覚を味わってみたいと思ってしまいます。
[PR]
by bleue-M | 2014-08-19 09:11 | テーブルコーディネート | Comments(0)
久しぶりに映画を観ました。

《マダム・イン・ニューヨーク》
話題のインド映画です
f0161337_8283524.jpg


類まれなる料理の才能を持ちながら
英語ができないという事だけで 夫や娘に軽く見られていた主婦が
はじめて訪れたNYで英会話を学び
見事自尊心を取り戻すというストーリー

自分に自信を持つことができない主人公の女性の
どこかオドオドとした様子には
日本の主婦も一緒だと妙に共感
f0161337_836232.jpg

この女優さんがとても美人
しぐさや物腰も優雅で
こんなにキレイなだけで、
すでに天下取ったようなものなのに
なぜ悩む?
(ま、そこは映画ですから・笑)

姪の結婚式で
主人公が自分の心情をさらりと言葉にのせた見事な英語のスピーチをして
それまで専業主婦の妻を馬鹿にしていた夫や
どうせ英語がわからないからと、
感情にまかせてひどい言葉を浴びせていた娘が
自分を恥じてうつむいてしまうシーンでは
見ていた私は思わずしてやったり!の気分でした。

4週間一緒に学んだクラスメートとのエピソードも楽しめます。
f0161337_8525453.jpg


この映画をあらわすキーワードのひとつは
たぶん《対等》

自尊心を取り戻した妻は、
あらためて夫婦は対等で
どちらかが劣るものではないとスピーチで語ります。

国は違っても
生きいきとした女性の姿は本当に美しいと
あらためて感じさせてくれた映画でした。
[PR]
by bleue-M | 2014-08-17 09:02 | その他の愉しみ | Comments(0)