日本の四季折々の暮らしをテーブルコーディネートを通じて提案いたします。


by bleue-M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

節分、鬼の面

早いもので
今日で1月も終わり

明日からは2月。
1月往ぬ(いぬ)、2月逃げる、3月去る、とはよく言ったものです。

《このひと月で、いったい私は何を成し遂げたのだろう》
・・・そんなことは一切思わず
来るべき立春こそが一年の始まり
昨年一年の穢れや厄災を鬼に見立てて
思いっきり豆で退治いたしましょう!

ということで
うちの玄関には毎年恒例の赤鬼の面
金色の角が突き出た恐ろしいお顔ながら、
そこはかとない気品が漂うのは
京都で作られているものだからでしょうか。
f0161337_7252674.jpg

[PR]
by bleue-M | 2015-01-31 07:25 | しつらえ | Comments(0)

如月のテーブル

如月の語源は《衣更着》とか

今朝の冷え込みで
日頃暑がりの私も衣更着状態。
CMでも、エアコン設定温度を上げずに
衣服を重ねてECOしようと言っていましたよね。


それはさておき…

二月如月には
二十四節気の立春や雨水の他にも
《節分》という、
テーブルコーディネート的には外せないしきたりがあります。

そこで、今回のテーブルのテーマは《節分》

どこが?

よーくご覧くださいね。

中央に、福豆を入れるマスを模したスクエアーのガラス器
四角のパン皿の上には陶器のマスの小付け(バター入れね)

ほら、節分。

f0161337_93498.jpg

f0161337_9342692.jpg

[PR]
by bleue-M | 2015-01-30 09:42 | テーブルコーディネート | Comments(0)

椿

気がつくと庭の椿の花が咲き始めていました。

ひとつの木に赤と赤と白の混じった花弁のものが
一緒に咲く様子はちょっとした驚きです。

2輪だけ切り
背の高いキャンドルホルダーに活けました。

f0161337_7163411.jpg

f0161337_7165564.jpg


このキャンドルホルダーは
ミラノで買ったオレフォスのもの。

脚が長く、見るからに折れやすそうな形だけに
持ち帰るのに何重も洋服に包み
相当気を使いトランクに詰めた思い出の品でもあります。

旅行に行ったときには
思い出に残るようなものをひとつは買ってきたいと思うものの
なかなか気に入った物に出会うのは難しいですよね。
[PR]
by bleue-M | 2015-01-29 07:28 | | Comments(0)

久しぶりに有田へ

久しぶりに有田へ行ってきました。

器が欲しいという友人をアテンドするつもりが
砂糖壺に落ちたアリのごとく
不覚にも目の色を変えて盛り上がったのは私

やっぱり有田は器好きの聖地
殉教者として、立派に洗礼を受けてまいりました。


ご挨拶をかね、最初に訪れたのは福珠窯
こちらの奥様は、有名なテーブルコーディネートの先生です。

素敵にディスプレイされたショールームがあるにもかかわらず
真っ先に足が向いてしまうアウトレットコーナー
40%割引(!)の商品が山積み
f0161337_618912.jpg


ここは、有田の中心からちょっと外れた山手にあるので
しばしばイノシシやらの野生動物が出現するらしいのですが
この日も、すぐ向かいの斜面の木には、降りれずに木にしがみつくタヌキが…
f0161337_622050.jpg

この後、無事に山奥へ帰っていたようです、良かった。


次に向かった卸団地では、賞美堂で割れて数が揃わなくなった器を補充。
ここも、沢山の種類の器を見ることができるお勧めの場所です。



最後に訪れた《G工房》

センスの良いシンプルでモダンな白磁の器を見ることができますが、
そのなかでも目を引く壺のようなもの…
f0161337_6282216.jpg


金工作家の奥様が作られた素敵な銀のつまみのついたこれらの器は
なんと骨壺!

高さが17,8㎝ほどの小さなものですが
実に洗練されたフォルムで
ペット用にと買われる方もいらっしゃるとか。
f0161337_6361666.jpg


道路に面したウィンドウには
節分のディスプレイが。
f0161337_6381173.jpg

中央の福豆の両脇のマスに入っているのはシックな色味の豆の箸置き
使い勝手のよい大きさは実用的でもありました。


3か所めぐって、車の後部座席には
友人と私の戦利品が、ちょっとした小山のようになってしまい
いったい何処に収納するの?と自問自答しても…

やめられません器買い!
[PR]
by bleue-M | 2015-01-28 06:55 | | Comments(0)

木蓮

今、コンソールには木蓮の枝を活けています。
f0161337_6422267.jpg

f0161337_6424256.jpg

枝モノが好きで、いつもの花屋さんで家用と言うと
先に《あ~、今枝モノがあまりなくて…》なんて言われてしまいます。
別に枝じゃなくていいのに…

大ぶりの花器にどさっと活けるのが私流
技術もな~んもいりません(笑)

少し赤いつぼみがふくらみはじめた木蓮で
季節を感じるこの頃です。
[PR]
by bleue-M | 2015-01-27 06:27 | | Comments(0)

穂高ゆうさんコンサート

f0161337_924436.jpg

穂高ゆうさん。
元タカラジェンヌで、現在コンサートや健康や美容の講演やセミナーなどの活動されています。
先日彼女のコンサートに行ってきました。
うきは市の観光大使でもある穂高さんを迎えての市政10周年の記念コンサートでした。
600人収容の文化会館は、あっという間に満席。

軽妙なお喋りと確かな歌唱力、そして何よりも格好良さにかけてはピカイチ。

大ファンになりました、穂高さま!
[PR]
by bleue-M | 2015-01-25 09:23 | その他の愉しみ | Comments(0)

ナプキンの効力

テーブルセッティングでは重要なポイントであるナプキン

実際日常で使っている人はどれくらいいるのでしょうか。

かく言う私も、集まりの時は紙ナプキンを使うことがしばしば。

膝の上に乗せておくだけの布ナプキン
お口まわりをぬぐうのは紙ナプキン

…そんな暗黙の了解がありますよね。

でも《魅せるセッティング》には必要不可欠

大判の紙ナプキンを布と同じように折って使う手もありますし
もっといいのは、シミ取りの技術を身につける付けることかも知れません。

f0161337_8584614.jpg

f0161337_859539.jpg

[PR]
by bleue-M | 2015-01-25 09:05 | テーブルコーディネート | Comments(0)

整理しなきゃ

ブログを長く放り投げ、突然再開する…
悪い癖です。

ただ、自宅でのレッスンは欠かさずやっているので
それなりに画像はたまってはいます。

先週のセミナーで少しだけ五節句の話をした後で
自分の去年作った五節句関連のテーブルを見たくなり
探したところ
見つけました《重陽の節句》がらみの(と思われる)テーブルを。

f0161337_9513243.jpg


いや、これってお月見かも…
菊がどこにも見当たらないし…

後からでは、テーブルを作った意図さえあやふやになります
やはり整理はその都度に!ですね、反省
[PR]
by bleue-M | 2015-01-24 09:55 | テーブルコーディネート | Comments(0)

NYは眼がはずせない

クリスマスシーズンど真ん中に訪れたNY

眼を奪われたのはウィンドウディスプレイ

まぁ素敵!

人気のあるウィンドウの前には人垣が何重もできるほどで
クリスマスの目玉となっているようでした。

f0161337_6385761.jpg

f0161337_6391318.jpg
f0161337_6392593.jpg

f0161337_7113752.jpg

[PR]
by bleue-M | 2015-01-23 07:06 | ニューヨーク | Comments(0)

NYは美味しかった

前回に引き続きNY旅行記

今回1週間で食べたもの…
そのどれもが美味しく思い出に残りますが
どうだった?何が美味しかった?と聞かれると・・


メトロポリタン劇場のレストランで
オペラの前、着飾った人たちを眺めながら食べたディナーも
映画のワンシーンのようで素敵だったし、

NYイチと言われ、
予約の取れないステーキハウスとして有名な
《ピーター・ルーガー》のジューシーな熟成肉も忘れ難い

はたまたふらりと立ち寄ったイタリアンレストランで、
遅い時間と言うのに満席のお客さんの喧騒のなかで食べたラザニアもなかなか。

さらには上品な客層の星付きのフレンチレストランのランチで食べた
お勧めのお魚料理にかかっていたソースも素晴らしく美味しかった

ちゃんとお肉が主張していた1000円近くするハンバーガーも
意外に忘れ難い。(円安がひびくね・涙)

インパクトが強かったのは
チェルシーマーケットの中で立ったまま食べた茹でただけのオマール!
出来立ての熱々を、添えられたバターソースに付けて食べるだけという
いたってシンプルなものながら、臭みもなく充分にイケました。
f0161337_9161649.jpg


忘れるわけにはいかないのが、世界一美味しいと評される
《サラ・ベス》の朝食
開店して間もない時間と言うのに満席。
さらに席を求める人達が外にまで列をなしています…
予約していった私達でさえ15分くらい待たされました。
セントラルパークを目の前にした高級な立地ゆえか
お客様も一様に上品でお金持ちそうな雰囲気の人達が多く
さざめくようにおしゃべりしながら、優雅にパンケーキを頬張っていました。
f0161337_9274490.jpg



悲しいかな、食い意地が張りすぎて
食べ物を前にして、理性が追い付かず
写真が2枚しかありません。

アメリカ人は、そこまで撮るのか?と思うほど
スマホで何でも撮りまくりだったので
レストランでも遠慮なく撮れたはずなのに、本当に残念です。
[PR]
by bleue-M | 2015-01-22 09:41 | ニューヨーク | Comments(0)