日本の四季折々の暮らしをテーブルコーディネートを通じて提案いたします。


by bleue-M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

昨夜からの豪雨で、九州各地に被害が出ているようで心配です。

平穏な一年を願い、正月に手を合わせたものの
地震、大雨と立て続けに起こり、
次は何が来るのかと不安を感じずにはおれません。

地震で被災した地域で、これ以上の被害が出ないことを祈るばかりです。

さて、梅雨に入りました。
ちなみに今日は6月21日、「夏至」です。
カレンダーでは6月でも、レッスンでは すでに7月七夕がテーマ。

五節句のひとつ七夕(この場合、しちせきと読みます)
大人になると、短冊に願い事を書いたり、折り紙で笹の飾りを折ったりはしませんが
お素麺だけは食べます(笑)

今月のテーブルはこちら。
f0161337_14564582.jpg

f0161337_1457365.jpg
f0161337_14572897.jpg
f0161337_14584132.jpg
f0161337_14592913.jpg

星形の小皿(和食器)を並べたり
テーブルセンターの笹に小さな飾りを下げて「七夕らしさ」を演出しました。
また、ナプキンは、あの織姫・彦星の「星伝説」にちなんで「結ぶ」形のものを。
一年に一度しか会えなくても、二人の絆は結ばれている・・・はず。
そんな願いや想いを込めたテーブルです。
[PR]
by bleue-M | 2016-06-21 15:10 | テーブルコーディネート | Comments(0)

ソウルで食べまくり

人は私を韓国好きだと思っています。
まぁ、あながち間違いじゃないけど
しいて言えば、韓国に限らず何処だって好きという
いわゆる出べそってやつです。

週末にかけてソウルに行ってきました
あら、やっぱり韓国好き?
(2ヶ月前に行ったばかりだしね)

行くたびに洗練された大都会へ変わっていくソウルは
食にも変化が!

焼き肉ばかりじゃないのです。
フュージョン系の韓国料理からお洒落なイタリアンまで
モダンで素敵なインテリアに
お洒落な器使い

それでも私は昔ながらの韓国料理も大好き
時々食べたくなるのは、コチュジャンで真っ赤な麺だったり
市場で肩寄せあって食べるチヂミだったりしますもん。

今回も食べました。いえいえ食べまくったと言った方がいいかも・・
ま、いつものことです、ふふ

さて旅の始まりは

広蔵市場

f0161337_8433272.jpg

食べ物の匂いがむせ返るような中
ごったがえす人の波をよけながら行ったのは
《ピンデトック》という緑豆チヂミ
カリッカリの食感はマッコリと好相性ということで
昼間から、若いおねぇさんのグループも御夫婦も
アルマイトの器でマッコリをゴンゴン呑みながら
皆でつついて食べています。
f0161337_8442214.jpg

お店の壁には落書きがいっぱい
f0161337_8444041.jpg

ほぼお腹がいっぱいになったものの
次に向かうのは《麻薬キンパ》の屋台
f0161337_847589.jpg

親指大のキンパは、ワサビの入ったたれに付けて食べると
パンチがきいてて何本もいけます。

美味しいよ~と友達にも吹聴しまくるもので
市場のどのへんにあるの?と聞かれるも
これが・・・説明できないっ。
あまりにごちゃごちゃしていて、私も嗅覚のみで行きつくのです。
でも市場は楽しいので、あっちこっち食べながら歩いて
好みのものを探すのも楽しいかも知れませんね。

お昼を軽く済ませたのには
大きな訳が・・・

夜に向かったのは
《SOIGNE》ソワニエ
話題のレストランです
f0161337_8593093.jpg

なんでもシェフがジャンルにとらわれず作る
フィージョン系のお料理だそうで
ソウルのベストレストラントップ3にも選ばれたとか。
期待でわくわくです。
中央にはモダンなオープンキッチン
満席のお客さんも、どことなくお洒落でスノッブな雰囲気
お料理は、ほんの少しづつ盛り付けられて出されます。
驚いたのは素材と味付け
昆布の出汁やおひたしを思わせるものもあり
やさしい味わいは まるで和食。
f0161337_910681.jpg

f0161337_9104712.jpg

ワインのペアリングもできるため
お料理を何倍にも楽しむことができます。
若いシェフの勢いを感じさせてくれたレストランでした。
ちなみに、最終日のランチもここでいただいたのですが
ディナーのメニューの簡易版といったところ。
同じようなメニューを半額で食べることができるので
お昼はかなりお得かもしれません。
[PR]
by bleue-M | 2016-06-06 09:22 | 韓国 | Comments(0)