日本の四季折々の暮らしをテーブルコーディネートを通じて提案いたします。


by bleue-M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2017年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

栗原登志恵本

以前、女性向けの雑誌で
ファッションページを執筆していらした頃から、
ベーシックでコンサバティブな物選びに注目していた
スタイリストの栗原登志恵さん。
今でもそのページはちゃんと切り抜いてファイリングしております。 
その栗原さん、ミラノ暮らしとは聞いておりましたが、
数年前にサローネでミラノを訪れた時に、
ある有名家具のショールームで偶然にも遭遇❗
思わず声をかけてしまいました。
雑誌でお見かけする通りのチャーミングないでたちに
可愛らしい笑顔。
「いつか本にまとめられるのを楽しみにしております」と申し上げたところ「いえいえ、そんな私の本など、とてもとても」とおっしゃっていましたが、このたび新刊が出版されたので早速購入。
ちょっと甘めのスタイリングが多いのですが
気負いのないシックで品のいい日常の着こなしが満載。
スタイルのある女性という感じです。

また何処かでお会いする機会があれば
「ご本、愛読しています」と言いたいものです。

f0161337_08412776.jpg


お問い合わせはこちら

[PR]
by bleue-M | 2017-03-25 08:19 | Comments(0)

一升瓶トートバック

お寿司を食べよう❗と思い立って行った金沢で買った一升瓶トートバック

福光屋さんのオリジナルだそうで、お酒の飲み比べセットの傍らにありました。
丈夫な帆布で作られているので、何かと使えそう。
飲み比べセットの方は、友人と日本酒の会をするのも楽しいわ…と、送ってもらったものの、顔を会わせることなく6本すべて呑んでしまいました、へへ。

金沢のお寿司はもちろん極上❗
f0161337_16181612.jpg

[PR]
by bleue-M | 2017-03-23 16:17 | 国内旅行 | Comments(0)

セッティングセミナー

私の長年のお料理の師である平島ヨウコ先生のセッティングセミナーでした。
いつもお料理のレッスンでは、おっ❗と感心するアイディアに満ちたテーブルで食事が出来るのですが、先生のここ数年の集大成の画像を見ると、料理のためのセッティングという言わばセッティングの原点に改めてたち戻ることが出来て 私も勉強になりました。
最近は以前に比べると、テーブルコーディネートイベントも少なくなり寂しい限りです。
セッティングヲタクの私は、人のセッティングを見せていただくのも大好き❗
また何処かでやってもらえないでしょうか…って、それなら自分でやれってことですよね(笑)
もしかしたら、この秋にでも…

f0161337_19105736.jpg



f0161337_19110295.jpg

[PR]
by bleue-M | 2017-03-19 10:36 | Comments(0)

レッスン花

3月のレッスンの花は
まさに百花繚乱

f0161337_7343054.jpg


森の中の 花が咲き乱れる場所を歩いている感じで作ってくださいね…と生徒さんにも言うのですが
皆さん上手に作られます。

f0161337_7361712.jpg


レッスン花に行き詰まると、
いつも行きつけの花屋さんに相談するのですが
自分がやってきたお花以外のやり方を学ぶのは
私自身も勉強になります。

時々新しい情報を更新していくのは大事な事だと
最近より強く感じるようになりました。
[PR]
by bleue-M | 2017-03-13 07:49 | テーブルコーディネート | Comments(0)

3月レッスン

三寒四温とは良く言ったもので
春の芽吹きを感じる日があったかと思えば
昨日今日と、冬に逆行したかのような冷え込みの日も。

それでも街中には謝恩会の帰りなのか、晴れ着姿のお嬢さんも見かける時候になりました。

3月のレッスンのテーマは《春・お花見》

といっても4月には(ひと月先取りですからね)
特別な節供行事もなく、
日常の家族の行事をを写し出すのがせいぜい。

・・・という訳で、今回は
《百花繚乱の花の季節に日本茶でおもてなし》のテーブルです(長っ!)
f0161337_9241772.jpg


f0161337_9254769.jpg
f0161337_926185.jpg


和のアフタヌーンティーとでも申しましょうか
最近多い 香りをブレンドしたお煎茶と、生菓子や干菓子をお好きに選んで楽しんでいただく趣向です。

銀のウォーマーの上にはガラスの土瓶
これぞ私の《見つけたら買え!》の長い歴史を物語るもので
相当前に とあるホームセンターの在庫品放出ワゴンで掘り出したもの

手付きの朱色の盆は、骨董です
これを買ったマンションの一室にあった自宅兼お店の 風変わりな女主人は、まだご存命でしょうか。
足の踏み場もないほどの埃臭い品物のなか、いったいどうやって暮らされているのか不思議でした。

そんな思い出のある物たちでつくったおもてなしのテーブル。
春の午後、話もはずみそうです。
[PR]
by bleue-M | 2017-03-09 09:41 | テーブルコーディネート | Comments(0)