日本の四季折々の暮らしをテーブルコーディネートを通じて提案いたします。


by bleue-M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2017年2月レッスン

2月は28日間しかないからか
なかなかタイトなスケジュールで過ごしております。

そんななか、2月のレッスンも始まりました。
テーマは「上巳の節供、桃の節供」です。

桃の節供といえば女児のお祭り
夢が詰まった幸せ感に満ちておりますが
元々は、自分の穢れ(ケガレ)を人形(ヒトガタ)に移し
川や海に流したのが始まりとか…

50代も後半になると、
人生の酸いも甘いもかみわけて、
夢だけじゃ~ダメなのよ…とひとくされ文句もつけたくなる我が身を想い
大人の桃の節供をテーブルに設えました。

テーブルクロスは濃いグレーに紫のライナー
f0161337_541496.jpg

籠の中には、お雛様にはつきものの貝の意匠の小皿をアクセントに入れております。
f0161337_571568.jpg

毎年この時期には必ず登場するお雛様のお箸置き
f0161337_59031.jpg


どの辺が大人のお雛様なの?と聞かれそうですが
パステルカラーをあえて使わないこのテーブル
一筋縄ではいかないちょっとヒネた匂いがしませんか?






お問い合わせはこちら
[PR]
# by bleue-M | 2017-02-08 05:18 | テーブルコーディネート | Comments(0)

1月のレッスン・朝食

お正月でバタバタとせわしない…なんて思っていたら
1月も後半に突入
レッスンも始まっております。

今月のテーマは〈朝食〉
あわせて、朝食のテーブルを通じ、一汁三菜、一汁二菜のしつらえかたを学んでいただきます。

f0161337_963088.jpg

f0161337_971785.jpg


f0161337_975478.jpg


一汁三菜は、平たく言えばお味噌汁におかずが3品ということ。
ご飯とお漬物は数に入りません。
同じように一汁二菜はおかずが2品

この朝食のテーブルでは、四角い白磁の器にお魚の焼いたものとか出汁巻が入り
左隣のガラスの器にサラダが入るという一汁二菜の設定

中央の焼き締めの深鉢にサラダ、手つきの籠にはお漬物4種。

旅館の朝食とまではいきませんが
こんな朝食を食べさせてくれ・・・という夫のつぶやきが聞こえてきそうです。
[PR]
# by bleue-M | 2017-01-19 09:19 | テーブルコーディネート | Comments(0)

七草粥

一月七日は五節供のひとつ『人日の節供』です。

行事食としては言わずと知れた『七草粥』

七草粥を食べることで
邪気を祓い、無病息災を祈ります。
また、お正月料理や連日の宴会などで疲れ切った胃を休めるという隠れた意味もあるとか。
今の私に、これほどぴったりくる料理はありません。

ちなみに春の七草は
せり・なずな・ごぎょう(母子草)・はこべら・ほとけのざ・なずな(蕪)・すずしろ(大根)

最近はスーパーや道の駅で七草セットが売られています。

私が買ったのは、JA阿蘇 小国郷のこれ
f0161337_7434695.jpg

きっちりと間違いなく七種類の草や小さな大根、蕪が入っていました。
(適当なのも結構あるのです)

朝からコトコト煮込んで出来た七草粥
f0161337_7463241.jpg

湯気と共に、青臭いけど爽やかな初春の香りが鼻をくすぐります。

3度という寒い朝ながら
温かいお粥に心も和みました。
[PR]
# by bleue-M | 2017-01-07 07:52 | 食べること | Comments(0)

お正月のしつらえ

昨日5日は寒の入り
これからしばらくは一年中で最も寒い日が続きます。

暦通りというのか、
今日は日差しはあるのですが、吹きすさぶ風の冷たいこと。

さて忘れないうちに
お正月のしつらえを少しだけ

お玄関に置いた酉は
雄々しく俵に乗った感じが何気に男前
f0161337_14473225.jpg

屏風との間に活けたロウバイがとても良い香りでした。

居間のコンソールには
半分開いた扇と小さな羽根つきの羽を散らしました。
f0161337_14535082.jpg

羽根つきなんて全くやらなくなりましたが
羽はお正月を連想するもののひとつです。

ダイニングのコンソールには
たわわに実をつけた南天の一枝と
博多人形の酉を飾りました。
f0161337_14575845.jpg


毎月のレッスンにあわせて部屋のしつらえも変えるのですが
お正月となるとやはり気を使います。
お正月は、歳神様をお迎えする大切な行事
その年の干支や縁起物を、
今の私たちの生活に合うようにシンプルに飾る・・・
そう心がけています。


レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら
[PR]
# by bleue-M | 2017-01-06 15:08 | しつらえ | Comments(0)

お正月

明けましておめでとうございます。

今年は晴天のおだやかな元日を迎えることができました。

ただ、私は本当に忙しかった
26日にレッスンを終えてからは大車輪
連日続く 掃除に準備、用事に行事に家族のお世話・・・(テンポよく読み上げて下さいね)

昨日、1歳に満たない娘を連れて帰省していた次男夫婦と三男を見送った後はひたすら爆睡
今朝5時に起きるまで10時間、鬼のように眠りました。

お正月が1年に一度で良かった。

…という訳で遅くなって今更ですが
お正月の祝肴はこんなふう
f0161337_1493284.jpg

これにがめ煮とお雑煮がうちのお正月です。
のんびり画像を残せたのはこの一枚だけ
あとはお給仕で てんてこ舞い
あ~疲れた
全国の主婦の皆様、お疲れ様でした。


レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら
[PR]
# by bleue-M | 2017-01-04 14:16 | テーブルコーディネート | Comments(0)

12月のレッスン

師走も後半
今年も我ながらよく走って来たものだと思いますが
最後の最後で、ちょっとエネルギーが切れてしまいそうになりました。
んがっ、そこはセッティングヲタク
レッスンを始めれば
ほ~ら元通り

根が単純だと幸せです。

12月はお正月のテーブルと注連飾り。

去年の注連飾りは、胡蝶蘭をあしらって華やかなものでしたが
今年はオーソドックスに。

最近心にうかぶことばがあるのですが、
それがこの注連飾りのシンプルさにも通じる気がします。
その言葉は《マイナス》

私の事を良くご存じの方は、とっさに《無理!》と思われたはず。
はい、その通り。
私は、何事もプラスの人間でして、
話も盛るわ、物も買うわ、集めるわ、ついでに最後の一口さえも残さない・・・で、
プラスの申し子、プラスの化身といっても過言ではないほど。

でもねぇ・・・さすがにわかってきました。
精神を、そして心を磨くにはマイナスの心構えこそが大切だと。
すっきりとしたシンプルなものに宿る美しさは何物にも代えがたいものです。

というわけで、今年の注連飾りとテーブルはこうなりました。
・・・って、この前置きがなによりも長すぎてくどすぎて、プラスそのものだ~!

f0161337_1581052.jpg



f0161337_1583017.jpg


f0161337_1585755.jpg

この注連飾りは生徒さん作。上手です。

コンソールに活けたロウバイの香りが
師走の慌ただしさを忘れさせてくれます。
f0161337_15111218.jpg

[PR]
# by bleue-M | 2016-12-20 15:11 | テーブルコーディネート | Comments(0)

10月レッスン

10月のレッスンも昨日で終了。

今月は中盤から後半に肌寒い朝が多かったためか
体調を崩してお休みされる生徒さんも多く
いよいよ寒い季節を迎えるのだと実感。

さて、世の中はハロウィンです。

しか~し、友人の《私たちが若いころ(子供の頃ではありません)にはハロウィンなんてなかったわよね》という言葉に背中を押され
あまのじゃくに《ボジョレーヌーヴォーの夜》がテーマです。
(・・・と言いつつ、確か去年はハロウィンをテーマにしたような気もする)

ワインといったらお得意ですから、まぁ~レッスンでも饒舌

昔はCAが得意げにボジョレーヌーヴォーを抱えた絵ずらのニュースが多かっただの
スーパーで売っていたポリ容器のワインはどうだっただの
どうでもいいような事を、懐かしげに語る、語る・・・
生徒さんには迷惑なレッスンでした。

さて、テーブルですが、
この赤いガラスの笠は、以前香港で買ったもので
飲みあげたワインの瓶に刺すようになっています。
実際火を灯すと、赤い光が浮かび上がり、なかなかの雰囲気

f0161337_11182084.jpg


丸いグラスで、ボジョレーヌーヴォーならではのフレッシュな香りを楽しみながら
軽く焼いたお肉でも召し上がっていただきたいテーブルです。
[PR]
# by bleue-M | 2016-10-26 11:19 | テーブルコーディネート | Comments(0)

9月レッスン


レッスンをお休みにして
涅槃像のようにして過ごした8月も終わり
私にとっても新学期ともいえる9月のレッスンが始まりました。

毎年9月のレッスンでは、9月と10月の季節のお話しをするので
作成する資料も2倍
休み明けのぼわ~んとした身体と頭に鞭打って取り組まなければなりません。

最初のクラスの時も
自分では完璧!リハビリ完了、よしっ!・・・と思ったのもつかの間
肝心のテーブルを作るのを忘れていたりと、散々な始まり方でした。

さて今月のテーブルのテーマは「収穫祭」
黄金色に輝く穀物と大地をイメージした
大河ドラマ顔負けの壮大なテーブルです(それほどでもありません・笑)

f0161337_9121935.jpg


そしてコンソールの上は
お月見仕様

f0161337_9154448.jpg

f0161337_9155934.jpg


額には兎の絵、そしてザルには南瓜とイガ付きの栗
買った時には青く硬かった栗のイガですが
はぜて中の大きなつやつやとした栗の実が顔を見せるようになりました。

私の秋は、まぎれもなく「食欲の秋」のようですね。
[PR]
# by bleue-M | 2016-09-16 09:20 | テーブルコーディネート | Comments(0)

リストランテ松島

夏の終わりに 誘っていただき行ったのが、呼子から船で10分ほど、松島という小さな島にある「リストランテ松島」
港からすぐの、急な坂道の途中にある、自宅を改装した小さなレストランです。
漁師のお父さんがその日の朝に捕ってこられた新鮮な魚介類は、シェフの人柄そのままの 誠実な味わいとなって、テーブルに並びました。
ちなみにこの松島、クリスチャンが多いらしく、港のすぐそばには教会があります。
呼子からすぐの場所ながら、ちょっとした旅行気分も楽しめ、素敵な時間を過ごすことができました。
f0161337_11135969.jpg
f0161337_11143544.jpg
f0161337_11150708.jpg
f0161337_11153739.jpg
f0161337_11162444.jpg
f0161337_11165647.jpg
f0161337_11172745.jpg

[PR]
# by bleue-M | 2016-09-05 11:13 | ちょっとお出かけ | Comments(0)

7月レッスンテーブル

7月のレッスンは、
葉月のしつらえと季節のお話し、
そしてテーマに添ったテーブルを見ていただきます。

今月のテーブルのテーマは「エスニック」
f0161337_1023922.jpg

f0161337_103048.jpg

ひとくちにエスニックといっても
「民族的な・・・」という意味からいけば
東南アジアあり、アフリカや中南米、中近東と様々

今回はその中でも、比較的なじみのある東南アジア風エスニックです。

f0161337_1034064.jpg


湿度を感じさせる濁った色を配し
そこに長年の使用感で良い具合に艶の出た籐のアンダープレートや、
大きな葉
そしてタイで買い求めたプレートやキャンドルホルダーを置くと・・・

ほら、湿度の高い暑い夏を感じませんか?

蓮の葉を模した皿には、トンボのオブジェ
いい話のタネになりそうです。

f0161337_103594.jpg

[PR]
# by bleue-M | 2016-07-20 10:04 | テーブルコーディネート | Comments(0)