日本の四季折々の暮らしをテーブルコーディネートを通じて提案いたします。


by bleue-M
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

幸せな二人✖2


先週は姪の挙式披露宴に参列、そして昨日は長年の友人の息子さんの披露宴に出席させていただきました。
偶然とはいえ、毎週幸せな現場に立ちあえるとは、今年の梅雨はいつもとひと味違うようです。

昨日の披露宴も、主役の二人が、招いたゲストを心を込めてもてなすというはっきりとしたコンセプトが感じられ、私たちの頃の形式ばった披露宴とは明らかに違います。

昔と比較して、どちらが良いとも言えませんが、この2つの笑顔に満ちた披露宴を見るにつけ、若い人たちの作る時代が来たんだと、あらためて感じました。

f0161337_14451185.jpg
[#FILE|
[PR]
# by bleue-M | 2016-07-18 14:44 | Comments(0)

コサージュ

コサージュを製作しました。
手持ちの花材で作ったので、思い通りとはいきませんでしたが、
明日、付けて下さる方々に喜んでいただければなにより。
f0161337_09185712.jpg

[PR]
# by bleue-M | 2016-07-14 09:14 | Comments(0)
昨夜からの豪雨で、九州各地に被害が出ているようで心配です。

平穏な一年を願い、正月に手を合わせたものの
地震、大雨と立て続けに起こり、
次は何が来るのかと不安を感じずにはおれません。

地震で被災した地域で、これ以上の被害が出ないことを祈るばかりです。

さて、梅雨に入りました。
ちなみに今日は6月21日、「夏至」です。
カレンダーでは6月でも、レッスンでは すでに7月七夕がテーマ。

五節句のひとつ七夕(この場合、しちせきと読みます)
大人になると、短冊に願い事を書いたり、折り紙で笹の飾りを折ったりはしませんが
お素麺だけは食べます(笑)

今月のテーブルはこちら。
f0161337_14564582.jpg

f0161337_1457365.jpg
f0161337_14572897.jpg
f0161337_14584132.jpg
f0161337_14592913.jpg

星形の小皿(和食器)を並べたり
テーブルセンターの笹に小さな飾りを下げて「七夕らしさ」を演出しました。
また、ナプキンは、あの織姫・彦星の「星伝説」にちなんで「結ぶ」形のものを。
一年に一度しか会えなくても、二人の絆は結ばれている・・・はず。
そんな願いや想いを込めたテーブルです。
[PR]
# by bleue-M | 2016-06-21 15:10 | テーブルコーディネート | Comments(0)

ソウルで食べまくり

人は私を韓国好きだと思っています。
まぁ、あながち間違いじゃないけど
しいて言えば、韓国に限らず何処だって好きという
いわゆる出べそってやつです。

週末にかけてソウルに行ってきました
あら、やっぱり韓国好き?
(2ヶ月前に行ったばかりだしね)

行くたびに洗練された大都会へ変わっていくソウルは
食にも変化が!

焼き肉ばかりじゃないのです。
フュージョン系の韓国料理からお洒落なイタリアンまで
モダンで素敵なインテリアに
お洒落な器使い

それでも私は昔ながらの韓国料理も大好き
時々食べたくなるのは、コチュジャンで真っ赤な麺だったり
市場で肩寄せあって食べるチヂミだったりしますもん。

今回も食べました。いえいえ食べまくったと言った方がいいかも・・
ま、いつものことです、ふふ

さて旅の始まりは

広蔵市場

f0161337_8433272.jpg

食べ物の匂いがむせ返るような中
ごったがえす人の波をよけながら行ったのは
《ピンデトック》という緑豆チヂミ
カリッカリの食感はマッコリと好相性ということで
昼間から、若いおねぇさんのグループも御夫婦も
アルマイトの器でマッコリをゴンゴン呑みながら
皆でつついて食べています。
f0161337_8442214.jpg

お店の壁には落書きがいっぱい
f0161337_8444041.jpg

ほぼお腹がいっぱいになったものの
次に向かうのは《麻薬キンパ》の屋台
f0161337_847589.jpg

親指大のキンパは、ワサビの入ったたれに付けて食べると
パンチがきいてて何本もいけます。

美味しいよ~と友達にも吹聴しまくるもので
市場のどのへんにあるの?と聞かれるも
これが・・・説明できないっ。
あまりにごちゃごちゃしていて、私も嗅覚のみで行きつくのです。
でも市場は楽しいので、あっちこっち食べながら歩いて
好みのものを探すのも楽しいかも知れませんね。

お昼を軽く済ませたのには
大きな訳が・・・

夜に向かったのは
《SOIGNE》ソワニエ
話題のレストランです
f0161337_8593093.jpg

なんでもシェフがジャンルにとらわれず作る
フィージョン系のお料理だそうで
ソウルのベストレストラントップ3にも選ばれたとか。
期待でわくわくです。
中央にはモダンなオープンキッチン
満席のお客さんも、どことなくお洒落でスノッブな雰囲気
お料理は、ほんの少しづつ盛り付けられて出されます。
驚いたのは素材と味付け
昆布の出汁やおひたしを思わせるものもあり
やさしい味わいは まるで和食。
f0161337_910681.jpg

f0161337_9104712.jpg

ワインのペアリングもできるため
お料理を何倍にも楽しむことができます。
若いシェフの勢いを感じさせてくれたレストランでした。
ちなみに、最終日のランチもここでいただいたのですが
ディナーのメニューの簡易版といったところ。
同じようなメニューを半額で食べることができるので
お昼はかなりお得かもしれません。
[PR]
# by bleue-M | 2016-06-06 09:22 | 韓国 | Comments(0)
今週は晴天の日が多く
初夏というより夏の気温
暑がりな私は、いよいよクーラーから離れられない季節へ突入です。

さて前回もアップしたレッスンのテーブルですが
やはり電球色よりも自然光かと
もう一度ア~ップ!
f0161337_1654049.jpg

f0161337_1661362.jpg

f0161337_1664194.jpg


今朝、勝手にうちのPCでウィンドウズ10へ更新が始まり
多いに焦りましたが
友人に聞いたら、最後に承認しないと拒否すれば元通りということで
どうにかウィンドウズ7に戻ったものの
…ん?何かが違う。
マイピクチャはどこへ行ったの?
あれ、このフォルダは何?

いったいどうなっているのか、見たこともないフォルダの並びに
少々とまどっております。

もう、ほっといてください、私は10に更新しなくてもいいの。
変化に対応したくない世代なんですからっ!
[PR]
# by bleue-M | 2016-05-22 16:09 | テーブルコーディネート | Comments(0)

5月レッスン

ゴールデンウィークも終わり
レッスンが始まりました

昨日まで松江にいたとは思えない
いつになくアグレッシブな私

自分を追い込まなくっちゃね。



今回のテーマは『北欧テースト』

へ?この季節に・・・

そうなんです。
あのほっこりとした雰囲気は秋冬のイメージもありますが
テーブルクロスの棚に
素敵な北欧テイストの幾何学模様のテーブルセンターを見つけてしまい
どうしても使いたくなったもので、強引に北欧です(笑)
f0161337_1901094.jpg


北欧デザインを構成するのは
シンプル&ナチュラル&モダン
明快な柄や形ながら自然や動物をモチーフにしているので
何とも言えない寛ぎ感があります。

今日は雨模様で室内が暗かったために
ペンダントの明かりの下で写真を撮ったので
やや黄色めですが、おかげで臨場感が増したかもしれません。
f0161337_1904029.jpg

f0161337_191476.jpg


紺色のテーブルクロスと藍色の皿
再生ガラスで出来たぽってりとした味わいの大きめのグラスウェア

幾何学模様のテーブルセンターには
イッタラ製の深いブルーのコンポートや
ナルコユリを活けた手作りのガラスの花瓶
大きな木製のサラダボールなどを置きました。

テーブルセンターの模様の色から
こっくりとした黄色のナプキンを合わせてポイントとします。

雨の季節には
家でゆっくりと時間を過ごすのも悪くないでしょう?
[PR]
# by bleue-M | 2016-05-09 19:12 | テーブルコーディネート | Comments(0)

4月レッスン

熊本地震から一週間が経ちました。

まだ避難所暮らしはおろか、駐車場の車の中で過ごす方々もいらっしゃるご様子に
胸が痛みます。

あの怖ろしい揺れの記憶が皆様の心から消えていくのは
いつになるのでしょうか。

何のお力にもなれませんが、
せめて今の私に出来ることをやっていきたいと思っております。



さて、テーブルコーディネートレッスンでは
ご自分で考えられたテーブルを、月替わりで発表していただくクラスもあります。

今回は[春]をテーマに作られたテーブルでした。
f0161337_16485213.jpg

白いレースのクロスにグレーとピンクの食器
卒業証書をイメージしたナプキン
桜の花・・・
まさしく春!本当に素敵なテーブルでした。
[PR]
# by bleue-M | 2016-04-21 16:52 | テーブルコーディネート | Comments(2)

4月のレッスンテーブル

                おおよそひと月に一度という
         亀更新のブログに訪れていただき ありがとうございます。

            さて、満開だった桜も昨夜の嵐のような雨風に
                 無残に舞い散ってしまいました。

                 この時期は、桜の花に翻弄され
          やれ咲いたの、やれ散ったのと世間も(夫も)騒ぐもので
             外の景色が気になってしょうがないのです。

                これでやっと心穏やかに過ごせると、
                   正直ほっとしております。


                さて、今月のレッスンのテーブルは
                 そんな桜の季節が終わった後の
                    新緑の頃がテーマです

f0161337_1161128.jpg

f0161337_1163335.jpg


                  私は、この時期が一番好き

                     朝、窓を開け放すと
              若い葉の香りや、爽やかな風の香りを感じ
               何とも言えない幸福感に包まれます。

f0161337_11131911.jpg


             テーブルコーディネートを学ぶようになってから
             季節の匂いに敏感になったような気がします
                    季節の移り変わりを
             肌で感じ、香りで知るって素敵だと思いませんか

             あ、テーブルの上のアレンジは生徒さんの作品
                   上手に活けてくれています。








教室のお問い合わせ・お申込みはこちらから
[PR]
# by bleue-M | 2016-04-07 11:26 | テーブルコーディネート | Comments(2)

ソウルで食べたもの

毎回、旅行の際には
事前にレストランをリサーチして 予約まで済ませていくのですが
今回は近いソウルだし(何回も来れるからね)
ちょっと忙しかったこともあり、予約なしで出発

ひと時期ほどの韓流ドラマブームはないものの
ひとつでもドラマを見たことがある人なら
《食べてみたいよね~》と 話が弾むのが
フライドチキンやトッポギ、真っ黒のジャージャ麺、韓国風おでんといった庶民グルメ。

今回、念願かなって食べたのは
通りすがりに入った、地下鉄の駅の構内の小さいお店の韓国風おでん
f0161337_7284287.jpg

串に刺した具材は、何てことない普通の薄い天ぷらでしたが
紙コップに、おでんのスープを入れてくれました。
f0161337_7314956.jpg

このちょっとピりっとくる出汁が、具材の旨みが混じり合った後を引く美味しさで
小腹を満たすには充分でした。

もうひとつ、初めて食べたトッポギのお鍋
食べたのは三清洞(サムチョンドン)の『モッシドンナ トッポギ』
赤いゲートが目印です
f0161337_7544969.jpg

人気店らしく、中にはいくつものテーブルが所狭しと並んでいますが
私たちの入店が3時という中途半端な時間だったにもかかわらず、
次々と入れ替わるようにお客さんがやって来て、いつもほぼ満席
f0161337_7571817.jpg

ベースになるトッポギとトッピングの具材を細かくオーダーするシステムのようで
私達は、チーズトッポギのベースに揚げ餃子(固くてイマイチ)とラーメンの麺、最後にご飯を注文。
甘く辛味の効いたトッポギのソースにチーズの甘味の相性は抜群で
ソースがほどよく絡んだラーメンの麺に私たちのお箸が止まりません。
具を食べてしまったら、一旦お店のおばさんが奥に持って行ってしまうのですが
これが最後のお楽しみの石焼ビビンバ風のシメとなって戻ってきます。
f0161337_855813.jpg

《中に入った海苔の風味が美味しいねぇ~》などと言い合いつつ、ほどなく完食。
若い人向けのお店のようですが、いえいえ充分楽しめました。

行ったのはB級グルメだけではありません。
宮廷料理で有名な『ジファジャJihwaja』
f0161337_8204317.jpg

私が買ったクジョルパンの食器がきっかけで、突然食べたくなったものの
昼過ぎに食べたトッポギが結構ドシンと胃袋に残っていたため
今回はコースではなくアラカルトでお願いしました。
f0161337_8224628.jpg

これが食べたかった九節板(クジョルパン)
五色で構成された8つの具と、真ん中の小さなクレープで9つなのだそうで、
少しづつ取った全種類の具を、真ん中のクレープで包んで食べるのだと、
お店の人に作ってもらいながら教わって食べました。
クレープも白、緑、黄色と三色あり、それぞれに蓬などを入れて焼かれており
本当に手が込んでいます。
他にも、柔らかいアワビに長芋、ぎんなんを添えたものや
f0161337_8313511.jpg

韓牛をハンバーグのように焼いたものなど、繊細で上等な味わい
f0161337_8322361.jpg

お酒だって、こんな銀の注器で出てきます。
f0161337_8341526.jpg

最後に花形に抜いた梨を浮かべた冷たい五味茶と柔らかい甘さの韓国のお菓子が出され
宮廷料理の一端を体験させてもらいました。

これまで書いた3つのお店は2日めのもの。
初日は夜に、以前行って良かった『モダンハプサン』というお店を探したものの
以前の中庭がある雰囲気のある一軒家から、近くのビルの3Fへ移っており、店名も少し変わったようです。
メニューも以前は一品料理でしたが、以前のメニューで注文しても『それはありません』と言われ、
結局お勧めのカンジャンケジャンの定食を食べました。
味は美味しくいただきましたが、残念なことに写真を撮り忘れてしまいました。

ソウルはお店の変化が激しく、以前行ったのに今は違う店になっていたというのはよくあること。
進化する街には仕方ない事かも知れません。

その後に行ったのは
『ヌリンマウル醸造所』
韓国酒造メーカーが運営するマッコリバーです。
f0161337_8584997.jpg

中は広く、醸造所が併設されタンクが並んだ一角もあり、雰囲気は抜群。
(ちなみに写真は地下の客席、この日は平日で上の階だけにお客さんを入れていました)
出来立ての生のマッコリを飲むことができます。
f0161337_905498.jpg

甘酒のような優しい味わいのマッコリは ぐいぐい飲めるのですが
ピッチャーひとつ飲むころには、ちょっとお酒もまわる感じもあり あぶない、あぶない・・・
ちょっといい気分でお店を後にいたしました。

ちなみに、いつもならさらにワインバーに行くところですが
ソウルで飲むワインは結構お高いのです。
レストランのハウスワインでも、えっ?と思うこともしばしば。
比較的値段が手ごろに飲めるようなリースリングでさえ、同席の友人に了解を求めるほど。
何故だろう・・・。

今回は、韓国らしいお店をいくつかまわりましたが、やはり事前のリサーチは大切だと改めて思いました。
私には、旅と食はイコールくらいの大切な関係。
次回には、さてどこに行こうかと今から楽しみです。







教室のお申し込みはこちら
[PR]
# by bleue-M | 2016-03-17 09:30 | ソウル | Comments(0)
忙しい、忙しいと言っておきながら
ちゃっかりソウルに行ってきました。

妹から『え~また?いったい何回行けばいいの?』と言われてしまいましたが
『また』というのは単なるイメージです、はい。

久しぶりのソウルは3年ぶり。

今回のホテルは
リニューアルした新羅ホテル。
以前の新羅ホテルも居心地が良く大好きなホテルだったのですが
リニューアル後も、その心地よさは変わらないままに、どこか最先端な匂いがプンプン

やりますなぁ、韓国。

部屋は柔らかい色合いのオーソドックスで寛げる雰囲気。
f0161337_1929375.jpg

これが、なぜか部屋に入った途端
ずるずると、一斉に木製のブラインドが自動的に巻き上がるのです。

さらにTVのリモコンなんか
未来的な流線型のフォルム。

これだけで、主婦は気分が上がります。

f0161337_19333934.jpg


何かカッコいい
・・・といっても機能は普通のリモコンとなんら変わりはないのですが(笑)

今回、ダブルベッドを贅沢なひとり使い
寝相の悪い私が、斜めに寝ても 落ちることはありません。
(お布団は落ちていましたが・・・)

テーブルの上にはチョコレートとマカロンの箱
f0161337_19482768.jpg

もちろん、残らず平らげました。

しかし、凄いですね、韓国という国もソウルも・・・

来るたびに街が変わり、どんどん洗練されていきます。
その速さには目を見張るものがあり
エネルギーの強さを感じずにはおれません。

本当に魅力的な街です。






 レッスンの申し込みはこちら

[PR]
# by bleue-M | 2016-03-16 20:00 | ソウル | Comments(0)