日本の四季折々の暮らしをテーブルコーディネートを通じて提案いたします。


by bleue-M
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

6月といえば…

6月から思いつくことは…

紫陽花(好きだしね)
梅雨(お約束)
田植え(住んでいる地域柄か)
カビ(冷蔵庫は万能じゃない事を思い知る)
頑張ってジューンブライド

…とまぁ私はこのくらい。ほぼほぼ一般的と言えましょう

しかし、昨日行った料理教室は違っていた
白を基調にしたしつらえとテーブルに
あら、先生意外にベタじゃないかと思いつつ
「先生~、テーマはジューンブライドでしょう?」と質問
先生「いいえ、6月だからパリ祭ですよ」
パ、パリ祭ですと?
私の辞書にも頭にもパリ祭は無かった…

そういえば、そこかしこに小さいエッフェル塔が置いてあったような…

f0161337_11031362.jpg


凄いです、先生
さすがお洒落です。
テーブルをやる者として、大いに反省いたしました。


[PR]
# by bleue-M | 2018-06-14 11:04 | しつらえ | Comments(0)

今日のお昼はビビンバ

f0161337_16064840.jpg

今日のお昼はビビンバ
ビビンパと明記されたガイド本もあるんだけど
韓国語に近いのはビビンパ?

人がみえるお昼は大抵このメニュー
作り置きができるナムルと美味しいごま油があれば無敵

釜山の市場で買った
搾りたてのごま油の香りは、日本で買う市販の物とは雲泥の差
香りが強く、しっかりとした味わいに
一度使うと もう国産に戻れません

ご飯の量は少しでも、上にナムルを乗せると
びっくりするようなボリューム
コチュジャン乗せて、さらに少~しごま油かけて
しつこいくらい混ぜて混ぜて、さらに混ぜて食べると
おおぉ~
マシッソヨ…でございます


[PR]
# by bleue-M | 2018-06-11 16:08 | 食べること | Comments(0)

やる気の出るノート

ここのところ、やる気が出ないトホホな自分に《喝!》を入れるため本屋さんへ

…ん、何故本屋へ?

この本屋の1/3のスペースを占める文房具コーナーには
限りなく深い文房具愛と幅広い知識を持つ
文房具好きにはミューズともいえる女性がいるのです

おおぉ~こんなメモパットが!
あらま、TVで見た銀座で売れ筋の あの文房具がこんな田舎に!
…等々 興味が尽きることのないラインナップ

やる気のない重い身体を引きずりながらお店にむかい
《やる気の出るノートを頂戴》とリクエスト

そこで紹介されたこの2冊
(彼女イチオシは売り切れていた)

f0161337_05332218.jpg


ひとつはビジュアル最高なノート
中にも数枚イラストが挟み込まれ使うたびに《カッコいいわ》と気分も上がる

もう一つは、見た目地味ですが
見開き左が白紙、右が方眼になっており
これって 左にイラスト描いて、右に文章書けばアイディアノートとして使える…とか
旅行用に、左に地図で右に住所とお店の詳細なんか書き込んで自分のガイド本が作れる
…など次々とアイディアが湧いてきて楽しくなってきました

ん~さすがミューズ!
選ぶ眼が違う。今日も彼女に会って足取り軽く帰ってまいりました

あ、ちなみにお店の所在地は八女市です
お近くの方は(そういないだろうけど…)行ってみて


[PR]
# by bleue-M | 2018-06-06 05:37 | その他の愉しみ | Comments(0)

紫陽花

あじさいが好きです
ただ普通に庭に咲く花だからか
なかなか最近は花屋さんで見かけなくなりました。

そこで、もっぱら買うのは道の駅
いかにも庭から切ってきましたという風情の短い枝が
190円の値札をつけて並んでいます。

それで充分
雨で暗い部屋の中で
色が浮かんで見える不思議な花です

f0161337_17564444.jpg


[PR]
# by bleue-M | 2018-06-05 17:58 | | Comments(0)

携帯扇風機

最近重宝しているもの



私のデスクに鎮座する携帯扇風機です。

f0161337_08120533.jpg


初夏を通り越して夏の暑さのこの頃は
お風呂あがりのみならず、
普通の感覚の夫と居る時に
超暑がり&超汗っかきの私は
クーラーの温度設定で夫に迷惑はかけられないと
(寒い寒いといいますからねぇ)
目立たぬように これで首筋を冷やしているという
泣かせる妻でございます。


アマゾンで購入したこの扇風機
USB充電で、三段階に変化する風量も充分
お値段1600円で ちと高めではありますが
なかなかのお気に入りです

f0161337_08111312.jpg



[PR]
# by bleue-M | 2018-06-04 08:16 | その他の愉しみ | Comments(0)

水無月


6月が始まりました
6月は和名で水無月(みなづき) 
田植えが終わり、水を張る月で「みずはりづき」(水張り月)が
みなづきになったという説も…。


一年も半分が過ぎて、京都では半年分の穢れを祓う《夏越の祓え》が行われる神社も多く、
その時期店頭に並ぶお菓子は《水無月》と名付けられています
外郎(ういろう)の生地に甘く煮た小豆を乗せたこの和菓子
小豆の赤は魔除けの意味もあるそうで
最近では京都のみならず
地元の和菓子屋さんでも見かけるようになりました。

f0161337_20563164.jpg



そしてこの画像の水無月は、昨年のお料理教室で習ったもの。
そういや作ったわ…と思いだし
画像を引っ張り出してきました。


[PR]
# by bleue-M | 2018-06-03 21:03 | 食べること | Comments(0)

出張料理

佐賀市の《香光》さんに出張料理をお願いしました。

香光さんは初釜の際にはいくつもの席で茶懐石を作られる実力をお持ちの
佐賀では古くから人気のお店です。

そして実は、私のお料理の先生でもあります
(何年経っても美味しい~!と食べるだけの情けない生徒です105.png

それはさておき…

世間の評判は知ってはいるけどまだお店に行ったことが無いと言われた
先輩方のために催したこの会、
季節の素材を使った温かい料理やお椀、特別にお願いしたお肉にいたるまで、
日本料理のきちんとした技術と姿勢で作られたお料理はとても美味しく、
ご夫婦6組 計12人のゲストの皆さんにも大変喜んでいただきました。

折敷や食器はもちろんのこと、ワイングラス、ビールグラス、切子の冷酒用盃などのグラス類、おしぼりに至るまですべて持ち込んでいただいき、
乱れのないテーブルセッティングも完成

f0161337_07481184.jpg

うちはカウンターキッチンなので、お料理を作られる様子をまじかに見ることが出来ました

f0161337_07485651.jpg
f0161337_07501608.jpg

事前の入念な打ち合わせから始まる出張料理
さすがプロの仕事と感心したのは、終わって片付け終わられたキッチンを見た時。
水滴のひとつも残らない磨かれたシンクや膝をついて吹きあげられた床、焼き物をするのに使われたテラスにも塵ひとつ残ってはいませんでした。

お料理だけではなく
プロの仕事を近くで見せてもらい
素晴らしい体験をさせてもらった夜でした。



[PR]
# by bleue-M | 2018-06-02 08:10 | 食べること | Comments(0)

初夏の庭

梅雨入りが発表されてからの青空
庭の緑が綺麗です。

百花繚乱の花で色に満ちていた春から
今は白い花の季節

f0161337_08220889.jpg

朝のひんやりとした空気に
緑の中にひっそりと咲く白い花は、
清楚で気品ある雰囲気

f0161337_08213624.jpg

ブルーベリーも今年は沢山の実を付けてくれました
青く熟してくると、実を狙う鳥との戦いもはじまります


[PR]
# by bleue-M | 2018-06-01 08:35 | その他の愉しみ | Comments(0)

友を偲ぶ夜

f0161337_16160405.jpg

姉のように慕っていた友人を亡くして3ヶ月
福岡のフレンチのお店で《偲ぶ会》が催されました。
ワインが、特にシャトーペトリュスが好きだった友人
怖ろしく高価なこのワインが好きというのも、何とも浮世離れした感がありますが
穏やかな微笑でワインをかかげる遺影をみると
このワインが似合う人だったとつくづく思います。
様々なワインをいただいたあと、最後に彼女を偲んでご主人がご自分のセラーから
持ってこられたスペシャルな一本は
そのシャトーペトリュスの1961年、マグナムでした。
まろやかで上品な口当たりから、やがて口の中で広がる豊潤さ…
そのワインは本当に彼女そのものでした。



[PR]
# by bleue-M | 2018-05-31 16:22 | ワイン | Comments(0)

シャンパンな夜

柳川にあるブラウンシュガーさんの前菜は美味しいのです。
結構なボリュームもあり、少食な普通女子は、これだけでお腹いっぱいらしい…
この素敵な前菜とシャンパーニュで今夜も乾杯です。
f0161337_18385336.jpg

[PR]
# by bleue-M | 2018-05-29 18:32 | Comments(0)