日本の四季折々の暮らしをテーブルコーディネートを通じて提案いたします。


by bleue-M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お弁当

時々お弁当を作るのですが
内容はともかく、見かけがイマイチ。

仕分けに使ったアルミフォイルが 
やけに目立つのです。

でも、お弁当で一番NGなのは
汁が出て、他の食べ物に色や香りや味が移ること。
アルミフォイルを多用してしまうのもそのため。

それでも汁がこぼれていたら
あ~やっちゃったよ・・と気分も下がります。

プロはどうしているんでしょうか。

煮物ひとつとっても
しっかり水気は切れているのに
しっとりとして、しかも味はきちんと入っているのです。

出し巻き卵も そう。
出汁が結構染み出すはずなのにねぇ。

さすがプロ・・とあきらめるのも悔しいし、又また試行錯誤です。


画像は、いつも新幹線の中で食べる 和久傳のお弁当。
完璧!

f0161337_744424.jpg

[PR]
Commented by Y at 2009-08-26 17:58 x
美味しそう。新幹線で、プロが作ったお弁当が食べたくなりました。遙か昔、助手にお弁当を初めて作ったとき、「大変だ、自分を見失っている、あまりに想いが強くて何の味もしない・・」と思ったそうです。結婚してあの時は、本当に味がなかったのだと解ったそうです。どーいうこっちゃ。
Commented by bleue-M at 2009-08-30 07:39
Yさま
はははは、凄いですねぇ。
強烈なエピソードだわ・笑

私も昔、幼稚園の時の息子のお弁当で、塩と砂糖を間違えて 強烈な塩味の卵焼きを使った事がありました。
食べた途端、息子は泣き出したそうで 代わりに食べられた先生から苦情の連絡帳が届きました。
お弁当にまつわるエピソードって、皆ひとつは持ってますよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by bleue-M | 2009-08-26 07:45 | 食べること | Comments(2)