日本の四季折々の暮らしをテーブルコーディネートを通じて提案いたします。


by bleue-M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

自由への招待

我が家の様子です。


f0161337_2139302.jpg



えらいことになっています。

家の周囲には足場が組まれ、
さらには、塗料の飛散を防ぐネットが張り巡らされて
相当大掛かりな工事のように見えますが、
単に屋根の塗り替えをするだけのことなのです。

養生ネットのせいか
家の中は薄暗く、気分は晴れません・・。

でも、見つけたのです!
屋根へと続く階段を。

この私が、こんなのを見つけて登らない訳が無い。

即効登ってみると
思いのほか苔むした瓦の屋根の上へ。

こんな場所に上るのって何十年ぶり?

朝の早い時間の、澄んだ空気の中 
屋根の上で 大空を仰ぎ見るのは本当に気持ちがよく
階段の上にはこんな素敵な秘密もあるのだと
子供心に戻って実感しました。


タイトルの『自由への招待』は
言わずと知れたラルクの代表曲のひとつ。

屋根に登った私は
この曲を口ずさみたくなるようなロックな気分だったのですが
くしくも今日は 世界ツアァー中のラルクは東京ドームでライブのはず。
参戦できない私は、こんな形でラルクを体感いたしました(強引?)、ふふ 053.gif
[PR]
Commented by まるぼーろ at 2008-06-01 23:41 x
足場をみると、とっても大掛かりに見えますわ~!
でも、その階段は非常に魅力的っ。
私も登ってみたいと思うひとりです。
高いところ大好き☆
今までで一番面白かったのは、オーストラリアで観光用の
ヘリコプターにドア無しで乗ったことでーす!!
Commented by bleue-M at 2008-06-02 18:11
まるちゃん
とんでもない体験じゃないですか・笑
私には、トイレのドアが無いのと同じくらい恐怖だわ~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by bleue-M | 2008-06-01 21:40 | Comments(2)