日本の四季折々の暮らしをテーブルコーディネートを通じて提案いたします。


by bleue-M
カレンダー

2008年 12月 15日 ( 1 )

大分へGO!

コーディネートの友人達と忘年会の旅へ。
行き先は下関に並ぶ ふぐのメッカである 大分県臼杵(うすき)市

途切れなく食べ続けた美食の旅となりました。


今回のお宿は 敷地内に人気のふぐの食事処を有する 『蔵』
古い蔵をイメージした建物は、予想を覆す洋館仕様
各部屋に太い梁のある、ロマンチックなプチホテルでした。


f0161337_740653.jpg



目的のふぐは、宿に隣接する食事処『ほり川母屋』にて。
コタツのある個室はゆっくりと寛げる雰囲気。

臼杵のふぐは厚みがあり、歯ごたえのある食感。
たっぷりの肝をポン酢に溶かし入れ ふぐとともに食べると
なんともいえないコクが口の中に広がり、
まさしく至福の味わいなのです。


f0161337_7403941.jpg


f0161337_7414021.jpg


f0161337_742553.jpg



続く大ぶりの白子もとろりとした口当たりで、まるでクリームを食べているかのよう。

香ばしいひれ酒と共に充分に堪能いたしました。



翌日は 宿のスタッフのお勧めのお店、佐伯市の 『○海(まるかい)』 にてお昼。
山荘無量塔の代表がプロデュースしたというお店は大人気のようで
開店と同時に入った私たちが帰る頃には、すでに満席となっているほど。
ここでは、これまた驚きの超豪華海鮮丼をいただきました。


f0161337_7425339.jpg



この海鮮丼、港に隣接するために 新鮮なのはもちろんの事
その豪華な内容と量に、完全にぶっ飛びました。


f0161337_7431652.jpg


f0161337_7442912.jpg



ご飯と、別盛りになった大ぶりのお刺身はいったい何種類あったのでしょうか。
食べても食べても減りません。
大食漢を自負する私でさえ、もったいないと思いつつも数切れ残してしまいました。
(今考えても惜しいわ・・・)




帰路で乗った『ゆふいんの森』号では 
車掌のお兄さんがイケメンというおまけまで付き(どんなおまけやら・笑)
楽しみに貪欲な私たちも大満足な二日間となりました。


それにしてもどれだけ食べて呑んだことか・・。
ま、これも年末に向けての活力つくりということで ヨシということにしておきましょう。
[PR]
by bleue-M | 2008-12-15 07:48 | 食べること