人気ブログランキング |

日本の四季折々の暮らしをテーブルコーディネートを通じて提案いたします。


by bleue-M
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2019年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

梅雨時の花

九州北部地方は、確かまだ梅雨入りはしていないと思いますが、
しとしとと降る雨は 梅雨じゃないのか?
…と突っ込みたくなる、ここ数日の空模様。

この時期の花は、白やブルーが目につきます。
季節の花には色の流れがあり
今はブルー

うちの庭木の山法師(ヤマボウシ)の花が満開です

f0161337_06392515.jpg


清らかな白は、
夜でも浮き上がって見えて幻想的でもあり、
朝には凛とした美しさを感じます。



by bleue-M | 2019-06-16 06:29 | その他の愉しみ | Comments(0)

私はパスタが苦手です

私はパスタが苦手です
もちろん食べるのは大好きだけど
作るとなると、これが結構難しい

…センスがないのかも

日本人だし。

休日の今日、どうしても食べたくなって
意を決して作りました

冷凍蒸し蠣とネギを唐辛子とオイルで炒め
パスタの茹で汁をちょっと加えて

あらあら美味しそう

f0161337_21120532.jpg


今回は結構イケそう

と、思ったけど、ん~やっぱりイマイチ💦

やっぱりセンスに欠けているようでございます。



by bleue-M | 2019-06-09 21:01 | 食べること | Comments(0)

美術館のレストラン

大分県立美術館前に行って
素晴らしい工芸品を鑑賞した事は
前回のブログで語りましたが

特筆すべきは美術館にあるレストラン
モダンな美術館に似つかわしい
シンプルな内装

せっかくだから大分名物「とり天」と
デザートに「やせ馬」を注文

出てきたのは小鹿田焼きの23cmほどの皿に山盛りのサラダ。
様々な葉野菜に、トマトや胸肉の薄切りも入った豪華な盛様
どのお料理にも付いてくるものらしい。

続けてお目当ての「とり天」

f0161337_06541961.jpg


んまぁ~⤴️驚いた
下味のついた胸肉の柔らかいこと❗
量もたっぷりで、ご飯がいらないくらい。
初めての「とり天」は予想以上の美味しさでした。

最後にデザート変わりの「やせ馬」
これも大分の郷土料理

f0161337_06592460.jpg


素朴な甘さにハズレなし

見回せば満席のこのレストラン
美術館来館者だけではなく、食事目的の方々も多いとか。

器も大分の代表的な焼き物である「小鹿田焼き」が使われており
器好きとしては堪えられない楽しさ。

機会があれば、また訪れたいお店です。





by bleue-M | 2019-06-06 06:32 | 食べること | Comments(0)

素晴らしい展覧会

昨日の日曜
大分県立美術館で公開中の
「竹工芸名品展」を観てきました。

素晴らしいのひとこと‼️

緻密に編まれた竹が生み出す光と影
柔らかなうねりをみせる形状と繊細な模様…
時間を忘れて見入ってしまいました。

f0161337_11504277.jpg


f0161337_11504243.jpg


f0161337_11504316.jpg





これらは、メトロポリタン美術館所蔵らしく
異国の工芸品というのに
その審美眼の確かさにはただ驚くばかり。

珍しく写真撮影もOKで
あちこちでスマホのシャッター音が響いていました。

大分県立美術館は和の意匠を感じさせるモダンな造りで、
天井には、竹細工を感じさせる装飾も。

f0161337_11550429.jpg




by bleue-M | 2019-06-03 11:35 | ちょっとお出かけ | Comments(0)